少女・女性漫画

【全力で、愛していいかな?】12話ネタバレ|瀬尾の母親 八重子と対面した千世は!?

.FiZZで掲載中の『全力で、愛していいかな?(さんずい尺先生)』の第12話のネタバレと感想をまとめました。

【『全力で、愛していいかな?』前話あらすじ】

大学の友人たちと久しぶりに再会した千世。
楽しく近況報告をし合っていたのですが、その中の一人が突然離婚報告を始めました。
話を聞いていた千世は結婚が怖くなり・・・。

\『全力で、愛していいかな?』第12話を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員は3分で完了です!

https://madkid.jp/zenryoku-matome/

『全力で、愛していいかな?』第12話「僕にとって君が最後に恋する人」ネタバレ

◆ピクニックに行くことになった千世・・・

瀬尾の実家に行く予定がピクニックに変更になった千世は、家に来るのを拒まれているのかもしれないと不安になります。

ネガティブな考えを振り払うように、きっと楽しくなると思い込んで迎えたピクニック当日。

千世は瀬尾の実家で飼われている犬のダイゴロウに癒されていました。

そして瀬尾の母親の八重子が準備したピクニックご飯を美味しくいただきます。

八重子は気さくに千世に話しかけ、瀬尾が間に入らなくても会話をすることができました。

 

◆ふたりで散策・・・

ダイゴロウと昼寝をするという八重子を残して、千世と瀬尾は八重子に教えてもらった見学用のブドウ園を散策に来ました。

瀬尾は急に予定を変更したことを謝罪し、緊張させてしまったのではないかと心配します。

千世は緊張したことは認め、不安を隠して楽しいと笑顔を見せました。

トイレに立ち寄った千世を置いて先に戻った瀬尾は、背後から近づいた八重子に膝カックンをされます。

トイレから戻った千世はその姿を目撃して笑いそうになりますが、千世の話をし始められたために思わず木陰に隠れてしまいました。

八重子は瀬尾が千世のことをまだ婚約者として接しないでと、お願いしてきたことを心配していたのです。

瀬尾は千世の心の準備ができるまでそっとしておいてあげたかったと説明しました。

八重子は婚約者として会っていれば期待して、自然と圧を掛けてしまったかもしれないと思います。

八重子が初めて瀬尾の口から恋人の名前を聞いたと言っているのを聞いた千世が照れていると、ダイゴロウに見つかってしまいました。

瀬尾は照れくさそうに頬を染め、木陰から出てきた千世に手を差し出します。

 

◆本音を話した千世・・・

ホテルで今日のお礼を言った千世は、勇気を出して頭のすみに結婚が怖いとチラつくことを話しました。

将来的に瀬尾と件婚したいという気持ちはあるのですが、今はまだ漠然と怖いという感情が強いのです。

怖くていいと思うと微笑む瀬尾の顔を見た千世は、瀬尾が自分の様子に気が付いてくれたことを申し訳なく思うと同時に嬉しかった気持ちを伝えました。

瀬尾は自己肯定感が低くなっているという千世に両手を広げて、腕の中に来るよう促します。

そして腕の中にいる千世に、自分にとって君が最後に恋する人ということを覚えておいて欲しいと言いました。

きっともうこんな思いを抱ける人に出会えないと言われて抱きしめられた千世は、涙をこぼしながら甘えていいか尋ねます。

瀬尾は苦笑しながら千世の願いを受け入れました。

生徒
生徒
『全力で、愛していいかな?』第12話はここまで!
図書館館長
図書館館長
第12話では、ふたりで散策しているときに千世を抱きしめたのは、不安な気持ちを隠して楽しいと言った千世を慰めようとしたのでしょう。
ダイゴロウに見つかった千世に手を伸ばした瀬尾の照れくさそうな表情は、話を聞かれていたことに気が付いていたからでしょう。
ところどころで千世の隠していることに気が付く瀬尾に感動しました。

『全力で、愛していいかな?』第12話「僕にとって君が最後に恋する人」感想まとめ

◆千世の不安

ただでさえ結婚で相手の家と家族になるというのは不安なのに、結婚に対するネガティブな意見を聞いた(11話)千世が余計に不安になるのは当然だと思います。

千世はそれを必死に隠そうとしていましたが、瀬尾には気が付かれていましたね。

でも瀬尾が気を使って家より外でと思って提案したピクニックですら、家に来るのを拒まれていると思ってしまうほど千世はネガティブになっています。

そんな千世の不安を丸ごと受け入れる瀬尾は大人ですよね。

結婚を拒んでいると思っても仕方ない行動なのに、瀬尾は千世の心の準備ができるまで待つと思えるんですもの。

瀬尾にとっては結婚という形式より、千世が側にいることの方が大事なんでしょうね。

そんな不安になっている千世を安心させるために、最後に恋する人と伝えるところにはきゅんとしましたよ。

その言葉で千世の気持ちが少しは浮上するといいのですが。

 

◆瀬尾の母 八重子

息子の瀬尾から婚約者なのに婚約者として接しないでと妙なお願いをされても、千世とピクニックに来た八重子は良いお母さんですよね。

会うだけじゃなく千世を歓迎する八重子は、サバサバした性格なんでしょう。

瀬尾の年齢が年齢ですから、結婚しないなら別れて欲しいと思っていてもおかしくないと思います。

頭ごなしに否定するわけでもなく、瀬尾の気持ちを聞き出しながら自分の気持ちも伝えていました。

もしかすると瀬尾が気持ちを話しやすいように、わざと膝カックンしてからかったのかもしれません。

瀬尾の気持ちを尊重している八重子は、本当に素敵なお母さんですよね。

嫁姑問題も発生しないようですし、後は千世の気持ちの準備ができたら結婚まで一直線でしょうか。

瀬尾の元気な家族に巻き込まれて、千世は戸惑いながら幸せになる未来が想像できますね。

\『全力で、愛していいかな?』第12話を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員は3分で完了です!

★★電子書籍サービスの入会特典一覧★★
サービス名 特典
コミック
シーモア
・無料会員登録で70%OFFクーポンプレゼント
・3日連続購入で最大600ポイントプレゼント
・月額メニュー登録で20,000ポイントプレゼント
・オトナ向け、TL、BLマンガの数が豊富
まんが
王国
・購入金額の最大50%ポイント還元
無料で読めるマンガの数が豊富
U-NEXT 31日間無料トライアル実施中
・無料トライアル登録で600ポイントプレゼント
・継続利用で1200ポイントプレゼント
コミック.jp 30日間無料トライアル実施中
・無料トライアル登録で1350ポイントプレゼント
大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】Ameba
マンガ
・無料会員登録で100冊まで40%OFFクーポンプレゼント
・LINE登録で毎週10%OFFクーポンプレゼント
・月額プランは翌月100%還元実施中
error: Content is protected !!