未分類

【わたしの幸せな結婚】5巻ネタバレ|清霞に一緒に出かけると誘われた美世は!?

『わたしの幸せな結婚』のネタバレ記事まとめはこちら↓

https://madkid.jp/watashino-matome/

ガンガンONLINEで掲載中の『わたしの幸せな結婚(顎木あくみさん/高坂りとさん/月岡月穂さん)』第5話のネタバレと感想をまとめました。

《『わたしの幸せな結婚』の第5話ネタバレおさらい》

清霞やゆり江に対しては誠実でいたいと思う反面、自分が実家でどういう扱いを受けて来たのか話したくない美世。

美世が矛盾した感情に苦しんでいると、清霞が次の休日に出かけるから美世も付き合うように言い出し・・・。

\『わたしの幸せな結婚』を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員登録は4STEPで完了です!

『わたしの幸せな結婚』5巻「矛盾する心」ネタバレ

美世はゆり江が用意してくれた裁縫道具が立派な針箱で、使っても良いのか恐縮します。

ゆり江は使い古された道具も入っているから、新品の方がよければ用意すると提案しました。

しかし美世はそれを断ります。

本来ならば嫁入り道具の一つとして持参するべきものを、用意できなかった自分が悪いと思っているのです。

美世は立派な針箱を用意してくれたゆり江にお礼をいい、ついでに清霞が美世が泣いてしまったことを怒っていなかったか尋ねした。

美世は香耶のような器量が良い女性が泣くのであれば、男性は喜んで慰めて抱きしめるだろうと思っています。

それに比べて美世の泣き顔などでは、醜くて見られたものではないと卑下しているのです。

ゆり江は清霞はそんなことで怒るようない人物ではないと言いました。

そして涙を我慢して気持ちをため込むより、自然に流れて来た涙はそのまま流した方がいいのだと優しく諭します。

美世はゆり江の言葉を信じることにしました。

それと同時に異能も見鬼の才も持っていないことを清霞が知れば、美世は出ていくことになるので勘違いしないよう、自分に言い聞かせもします。

ゆり江は台所で昼の準備をするから、足りないものが有れば声を掛けてと言って部屋を出て行きました。

美世は穀潰しにならないよ、手伝おうとしますが、ゆり江がそのままでいいと言うので言葉に甘えて、着物を繕うことにします。

台所に言ったはずのゆり江は、ふすまの隙間からその様子を覗いていました。

その夜。

清霞が夕食の最中に日中の過ごし方を、美世に尋ねます。

美世は夕方前には帰ってしまうゆり江から、雑誌を借りて読んだりしていると答えました。

着物を繕っていると本当のことを言ってしまって、新しい着物をねだっているように思われるのが嫌だったのです。

美世は清霞やゆり江には誠実で有りたいと思う気持ちと、実家のことや自分のこれまで生活などを話したくない気持ちで揺れていました。

受け入れられる資格がないと思いながら、嫌われたくないと思ってしまう。

嘘や隠し事はしたくないのに、実家のことも自分のことも言えずにいる。

そんな矛盾した感情に美世が苦しんでいると、清霞が次の休日に出かけようと思っていると話します。

清霞は美世が久堂の家に来てから、一度も街に出ていないことを知っていて、行きたいと思わないかと尋ねました。

美世は高等小学校を卒業して以降、実家の敷地内からほぼ出ずに過ごしていたため、行きたいかどうかよくわかりません。

それに今の美世は自分で自由になるお金を持っておらず、街へ行ってもすることがないので行けないと清霞に返事します。

清霞が理由を尋ねると、美世は用事も無く、自分が一緒に行けば迷惑がかかると応えました。

清霞はため息をついて、迷惑ではないし、用事など無くてもいいから、清霞に付き添っていればいいと言います。

そして清霞はほぼ強引に、服装はこの家に来た時の服でいいからと出かけることを決めてしまいました。

美世は夕食の膳を下げながら、出先で清霞が恥をかかないよう準備しなければいけないと考えます。

その夜。

美世は亡き母親が桜の下に経っている夢を見ました。

美世の母親は桜吹雪の中、美世を振り向き何か話していますが聞き取れません。

風が大きく吹き、美世が目を瞑ると、美世が幼い頃の斎森の家になっていました。

美世を抱いている美世の母親・澄美が美世を見捨てないで欲しいと、美世の父親・真一にお願いしています。

真一は斎森家が異能とは関係ない家であれば、異能を持たない美世を愛せただろうと言い捨てました。

澄美は美世に不甲斐ない自分を許してほしいと言います。

美世はその姿を遠くから見ながら、何の力もない自分の方こそ謝りたいと思っていました。

澄美が美世がもう少し大きくなったらと、何かを言いかけたところで、美世は目を覚まします。

美世は母親が何を言いかけていたのか、気になっていました。

夜が明けて、美世が清霞と出かける準備をしていると、ゆり江がやってきます。

ゆり江が美世に化粧をしないか尋ねました。

美世は化粧が得意でない上に、道具も持っていないことを伝えます。

するとゆり江は用意していた化粧道具を差し出しました。

美世は自分があまりものを持っていないことに気が付かれていることを、恥ずかしく思います。

ゆり江が美世に化粧を施し、紅を似り終えたタイミングで、清霞がそろそろ出かけたいと声を掛けてきました。

美世は慌てて清霞の元に向かいます。

清霞は化粧を施して美しくなった美世に、戸惑っていました。

清霞は美世を車に乗せ、街へて出発します。

『わたしの幸せな結婚5巻』5巻「矛盾する心」感想まとめ

清霞が美世に惹かれ始めてるようですね。

美世は元はかなり美人なんでしょうけど、使用人の様に扱われていたのに給料もなく、かといって娘としてのお小遣いもない状態だったせいで、美容に手がかけられなかっただけですから。

きちんと食事をとることができて、美容に手を掛けることができれば、誰もが振り返るに違いありません。

美世の性格も清霞が選びたくない、典型的な令嬢タイプではなく、物静かな旦那様を立てるタイプですから、清霞には会っているのでしょう。

物静かになったのはずっと否定され続けていたせいもあるのでしょう。

もし香耶が久堂家に来ていたら、それこそすぐに追い出されたに違いありません。

ただ我が儘は言ってはいけないでしょうが、美世はもう少し清霞やゆり江を信じても良い気がします。

まだ知り合って日が浅いとは言え、受け入れてくれていることに気が付いているでしょうに。

おそらく信じて裏切られるのが怖いんでしょうね。

それも含めて清霞が助けてくれるといいのですが。

美世のことが気になり始めたからこそ、一緒に出かけようとしているわけですからね。

清霞と美世の初デートがどんな風になるのか、楽しみで仕方ありません。

『わたしの幸せな結婚5巻』5巻「矛盾する心」感想まとめ

★★電子書籍サービスの入会特典一覧★★
サービス名 特典
コミック
シーモア
・無料会員登録で70%OFFクーポンプレゼント
・3日連続購入で最大600ポイントプレゼント
・月額メニュー登録で20,000ポイントプレゼント
・オトナ向け、TL、BLマンガの数が豊富
まんが
王国
・購入金額の最大50%ポイント還元
無料で読めるマンガの数が豊富
U-NEXT 31日間無料トライアル実施中
・無料トライアル登録で600ポイントプレゼント
・継続利用で1200ポイントプレゼント
コミック.jp 30日間無料トライアル実施中
・無料トライアル登録で1350ポイントプレゼント
大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】Ameba
マンガ
・無料会員登録で100冊まで40%OFFクーポンプレゼント
・LINE登録で毎週10%OFFクーポンプレゼント
・月額プランは翌月100%還元実施中
error: Content is protected !!