未分類

【わたしの幸せな結婚】4話ネタバレ|涙をこぼす美世に困惑する清霞は!?

『わたしの幸せな結婚』のネタバレ記事まとめはこちら↓

https://madkid.jp/watashino-matome/

ガンガンONLINEで掲載中の『わたしの幸せな結婚(顎木あくみさん/高坂りとさん/月岡月穂さん)』第4話のネタバレと感想をまとめました。

《『わたしの幸せな結婚』の第3話ネタバレおさらい》

朝食の時に美世に怒鳴ってしまった清霞は、今までの妻候補と違う美世が気になって仕事に身が入りませんでした。

怯えるような表情や、みすぼらしい姿。

美世が良家の令嬢に見えず・・・。

\『わたしの幸せな結婚』を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員登録は4STEPで完了です!

『わたしの幸せな結婚』4巻「おかしな婚約者」ネタバレ

香耶が三歳になる頃、香耶に見鬼の才が有ることがわかると、父親は更に香耶を大事にしするようになります。

使用人たちも香耶のことを褒め、美世には異能の才能がないことを憐れむようになりました。

香耶は敬われるようになり、美世はぞんざいに扱われるようになっていったのです。

その中で唯一、花という使用人だけが、美世を大事にし、泣いている美世を慰めてくれていました。

そんな花も美世が継母である香乃子に逆らって蔵に閉じ込められたときに、香乃子に解雇されてからそれから会えていません。

そこで目を覚ました美世の頬には、涙が伝っていました。

美世は身支度を整えながら、二晩連続で悪夢を見たのは、美世自身に価値がないことを忘れてはいけないという戒めだと考えます。

美世は着物を着ながら、タンスの中にある着物のほつれに目が行きました。

斎森の使用人の一人から貰った時点で相当着古されており、何度も直してきていたため布も薄くなっています。

美世はゆり江に裁縫道具を借りられるか、後で聞いてみることにしました。

身支度を済ませた美世が台所へ行くと、ゆり江が準備に取り掛かっています。

ゆり江は昨日、美世に朝食の支度をお願いしたせいで、美世が清霞に怒られたことを気にして早く来たのでした。

ゆり江が今日の食事の用意はどうするか美世に尋ねます。

美世は昨夜、夕食を済ませた清霞が、朝食を食べなかったことを詫びて、今日の朝食を作るよう言ってきたことを話しました。

最後に清霞が本当に毒を入れる気ならば容赦しないと、憎まれ口をたたいたことまで含めて。

ゆり江は美世の手料理を食べたいなら、そう言えばいいのにと笑います。

そんなゆり江に美世が裁縫道具が有るか尋ねると、ゆり江が後で部屋に持って行くと約束してくれました。

炊事や掃除と違って、裁縫は名家の令嬢もすることなので、美世は着物を繕うことを話さずに済んだことに安堵します。

用意を済ませた朝食の膳の前に腰を下ろした清霞は、美世にも食べるよう促しました。

美世は謝罪しようとしてしまい、慌てていただきますと言い換えます。

美世は味噌汁を口に運ぼうとしている清霞をじっと見ていました。

舌が肥えているであろう清霞の口に遭うか心配だったのです。

清霞は味噌汁をすすると、美味いと口にしました。

美世は何年ぶりかに褒めて貰い、嬉しさで涙をこぼしながらお礼を言います。

褒めたつもりだった清霞は、ゆり江と比べたような言い方をしてしまったから泣いたのかと動揺しました。

泣きながら謝る美世の姿を見た清霞は、余計にどうしたらいいか分からなくなります。

美世は涙を拭いながら、料理を褒められたことが初めてで嬉しかったのでつい涙が出たのだと理由を話しました。

清霞には美世がどんな女性で、どんな育ち方をしてきたのか、さっぱりわかりません。

朝食を終えて身支度を整えるため自室に戻った清霞は、ゆり江に美世は普通の名家の娘とは育っていないのではないかと質問します。

清霞は美世の態度は久堂家当主の妻に収まるために演技しているのかもしれないと勘ぐっていました。

しかし先ほどの涙を見てそうではないと確信したのです。

ゆり江も清霞の意見に同意しました。

清霞はゆり江にそれとなく探りを入れるように頼み、自身も外から斎森家について調べることにします。

ゆり江は清霞が今までの妻候補者と違い、美世には興味を持っていることを嬉しそうにしました。

清霞は仏頂面になりながら、それを認めます。

ゆり江は照れなくても良いのにと、清霞をからかいました。

清霞はゆり江が思っているような理由ではないと言い返します。

ゆり江はそんなことでは一生独り身だと、残念そうにつぶやきました。

清霞はゆり江に失礼だと言い返したかったのですが、実際妻候補に逃げられてきているため口を紡ぐしかありません。

清霞は美世とゆり江に見送られながら、自動車に乗り込み出勤していきます。

その頃、美世の父親は幸次の父親から、話が違うと怒鳴られていました。

幸次の父親は母親が薄刃家の娘である美世を、長男の妻に望んでいたのです。

美世の父親は辰石と久堂なら、格上の久堂を選ぶのが当然とふてぶてしい態度で答えました。

美世は薄刃家の精神に干渉する異能を継ぎませんでしたが、美世の子に隔世遺伝する可能性はあります。

それなのに香耶ばかりを重要視し、美世の価値を見誤っている美世の父親のことが幸次の父親は信じられませんでした。

美世の父親はどうせ美世は久堂で上手くいくはずもないのだから、久堂に捨てられたら拾えばいいと適当なことを言います。

幸次の父親は美世の父親に、斎森家は今後いっさい美世の処遇に口出しをしない約束をさせました。

異能の家系の中でも強い力持つ久堂が、、薄刃家の異能を手に入れてもっと強くならないよう、幸次の父親は清霞から美世を取り戻すつもりのようです。

『わたしの幸せな結婚』4巻「おかしな婚約者」感想まとめ

清霞は良家の当主なのに、美世の着物が古びていることに気が付くの遅すぎませんか。
良いものを見てきているのですから、もっと早く気が付いてもおかしくないでしょう。

美世のことが本当に興味なかったのかもしれませんね。

興味を持ち始めてから、見てみて気が付いた感じですかね。

多くの女性が三日も持たず逃げ出したという噂は、どうも女性の方に問題があったようです。

清霞も噂程怖くないようですし、美世なら上手くやれるんじゃないでしょうか。

ここで上手くいけば、斎森より良い家系の久堂ですから、もう両親や香耶に見下されなくなるので良いと思います。

そして、美世の母親の実家、薄刃家の話が突然出てきましたね。

美世の父親が断れない政略結婚させられたという話だったので、てっきり斎森が母親の姓だと思っていました。

嫁に貰う立場なら断れたんじゃ無いんですかね。

それでもやらなかったのは幸次の父親と同じように、薄刃家の異能が欲しかったからでしょう。

それなのに被害者ぶっている美世の父親はクズ男ですよ。

香乃子もそんな男に縋り付く価値があると思っているのでしょうか。

単に奪われたのが悔しかっただけのような感じもしますね。

せっかく美世のことを清霞が受け入れそうな感じになってきているというのに、幸次の父親が邪魔しそうな雰囲気がしてきました。

清霞が美世を守ってくれるといいのですが。

\『わたしの幸せな結婚』を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員登録は4STEPで完了です!

★★電子書籍サービスの入会特典一覧★★
サービス名 特典
コミック
シーモア
・無料会員登録で70%OFFクーポンプレゼント
・3日連続購入で最大600ポイントプレゼント
・月額メニュー登録で20,000ポイントプレゼント
・オトナ向け、TL、BLマンガの数が豊富
まんが
王国
・購入金額の最大50%ポイント還元
無料で読めるマンガの数が豊富
U-NEXT 31日間無料トライアル実施中
・無料トライアル登録で600ポイントプレゼント
・継続利用で1200ポイントプレゼント
コミック.jp 30日間無料トライアル実施中
・無料トライアル登録で1350ポイントプレゼント
大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】Ameba
マンガ
・無料会員登録で100冊まで40%OFFクーポンプレゼント
・LINE登録で毎週10%OFFクーポンプレゼント
・月額プランは翌月100%還元実施中
error: Content is protected !!