未分類

【わたしの幸せな結婚】17話ネタバレ|清霞が美世についに…!!!

『わたしの幸せな結婚』のネタバレ記事まとめはこちら↓

https://madkid.jp/watashino-matome/

ガンガンONLINEで掲載中の『わたしの幸せな結婚(顎木あくみさん/高坂りとさん/月岡月穂さん)』第17話のあらすじと感想をまとめました。

《『わたしの幸せな結婚』第16話ネタバレおさらい》

美世が誘拐された後、今までの事を幸次から全て聞いた清霞。急いで最森の家の門につき、異能で門を吹き飛ばした清霞は…

\『わたしの幸せな結婚』を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員登録は4STEPで完了です!

『わたしの幸せな結婚』第17話「婚約」ネタバレ

幼い頃に亡くなったはずの母親が桜の木の下に立っていることに気が付いた美世は、駆け寄ろうとします。

しかし背後から聞こえる清霞の呼びかけに反応して、母親のもとへはまだいけないと笑いかけました。

母親は何かを言っているようですが、桜吹雪と風の音に阻まれて美世にその声は届きません。

目が覚めた美世がいたのは清霞の家でした。

 

清霞から甲斐甲斐しく世話をされる美世は嬉しく思いながらも、恐れ多さを感じ恥ずかしくなって赤面してしまいます。

心配する清霞にもう動けると訴える美世ですが、医者から数日は安静にしているよう言われたから駄目だと清霞は許しません。

手ぬぐいと桶をもって入って来たゆり江も同意して、家事は自分に任せるように言います。

食事を終えた美世の体を拭きに来たのですが、ゆり江はわざと清霞が拭いてあげるかと聞いて茶化しました。

体を拭き終えた美世は斎森の家が全焼したことを聞かされます。

幸い誰も命を落すことがなかったことに安堵する美世は、両親と香耶の処遇を聞かされました。

斎森夫妻は異能の業界から退き地方の別邸に移り、香耶は特別厳格で有名な家に奉公に出されることになったと聞きます。

皆身を寄せる場所があったことに美世は安堵の表情を浮かべました。

辰石家は責任を取る形で当主の座を遊び歩いてばかりと噂の長男の一志に譲って、久堂の監督下で行動制限がかかることになったそうです。

 

斎森の家のことで迷惑をかけたことを謝罪した美世は、もう一つお願いがあると言って実家の焼け跡に連れてきてもらいました。

清霞は斎森の屋敷の美世を二度とこさせたくなかったため不機嫌にしています。

清霞に連れてきてもらったお礼を言った美世は、辛い思い出も幸せな思い出もすべてが焼け落ちてしまったことを実感していました。

焼け跡を見ていた美世は母親が嫁入りの時に植樹された桜の切り株を見つけます。

燃えて炭になった切り株は触れた途端粉々になり、美世に鋭い痛みが走りました。

美世の異変に気が付いた清霞が心配するので、美世は立ち上がって明日には片付けの始まる焼けた屋敷に別れを告げます。

 

清霞と美世が車に戻ると、幸次が車の前に待っていました。

最後の機会になるだろうから美世と話しておきたいという幸次。

美世が清霞を見上げて伺いを立てると、先に車に戻ってると言って清霞は許可します。

子供の頃に二人で休んだ石段に腰を下ろし、美世は先日助けに来てくれたことのお礼を言いました。

幸次は清霞を呼ぶことしか出来なかったことや子供のころから美世を助けられなかったことを悔しそうにします。

これからは守りたいものを守れるようになるために自分を鍛えなおすことにしたと、幸次は期待に満ちた目を輝かせました。

そんな幸次が斎森家に呼ばれた日に言いかけたことを覚えているかと美世に尋ねます。

美世は覚えていたのですが、旅立つ幸次のために忘れたことにして心の中で味方でいてくれたことへのお礼を伝えました。

 

待たせていた清霞の元へ駆け寄った美世が待たせたことの謝罪をすると、清霞は美世の頭を撫でて有意義な時間を過ごせたようで良かったと微笑みます。

その姿を見ていた幸次は幼い頃から好きだった美世を守るのは自分ではないことを実感し、美世と再会の約束をして別れました。

清霞と美世の正式な婚約は書面に名前を書くだけの簡単な手続きだけで終わります。

清霞の両親に挨拶をしなくていいのか不安になっている美世に、久堂家の現当主は自分だから特に許可も必要ないと清霞は言います。

美世が清霞の婚約者になったきっかけは清霞の父親が斎森に持ち込んだ縁談で、香耶が相手のつもりだったのだろうと清霞は推測していました。

美世の父親が香耶を手放し難かったので美世を清霞の元に送ったのでしょうが、清霞は美世が来てくれて良かったと言います。

 

もし清霞の父親が香耶だと思っていて美世にあってがっかりするようなら、清霞は異能を使って問答無用で消し炭にしてやると嘘か真実か分からないことを言うのでした。

今日で斎森夫妻はと香耶は別々に帝都を離れる日なのに見送りに行かなかった美世に、清霞が謝罪します。

美世が過去を断ち切るために必要だったこととはいえ、清霞が斎森夫妻に美世に対する仕打ちの謝罪を要求したことが誘拐の発端になったと気にしているようです。

美世は自分のために清霞がしてくれたことがとてもうれしいと微笑みました。

美世の両手を取った清霞は自分は軍人で戦場に行かなければいけないこともあり、性格もつまらない人間だけれどと前置きします。

美世と一緒になりたい。

 

往来で面倒な男の自分と結婚して貰えるだろかと清霞は美世に求婚しました。

美世は自分の方がずっと面倒だから清霞こそ後悔しないか問いかけます。

清霞自身が美世を選んだのだから後悔しないと断言する清霞に、それならよかったと微笑んだ美世は不束者ですがよろしくお願いしますと笑顔で挨拶をしました。

『わたしの幸せな結婚』第17話感想と考察

美世が久堂家に来た当初の冷たい清霞はどこに消えたのでしょう。

怪我をしたからご飯を食べさせてくれる甘々な清霞になるなんて想像もしていませんでした。

冷酷だと言われていたはずなのに、美世の体を拭くか聞かれただけで頬を染めるなんて意外です。

美世の頼みと言うことで斎森家の焼け跡の桜の木を見に行きました。

桜に気に触れたことで美世が感じたことが、今後美世に影響を与える気がしてなりません。

あの痛みが異能が開花する転機だったのでは無いでしょうか。

美世の異能が開花してもしなくても、清霞が入れば守ってくれそうで安心ですね。

それにしても昔の婚約というのは、紙に書いて申請する形だったことに驚きました。勉強になります。

\『わたしの幸せな結婚』を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員登録は4STEPで完了です!

 

★★電子書籍サービスの入会特典一覧★★
サービス名 特典
コミック
シーモア
・無料会員登録で70%OFFクーポンプレゼント
・3日連続購入で最大600ポイントプレゼント
・月額メニュー登録で20,000ポイントプレゼント
・オトナ向け、TL、BLマンガの数が豊富
まんが
王国
・購入金額の最大50%ポイント還元
無料で読めるマンガの数が豊富
U-NEXT 31日間無料トライアル実施中
・無料トライアル登録で600ポイントプレゼント
・継続利用で1200ポイントプレゼント
コミック.jp 30日間無料トライアル実施中
・無料トライアル登録で1350ポイントプレゼント
大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】Ameba
マンガ
・無料会員登録で100冊まで40%OFFクーポンプレゼント
・LINE登録で毎週10%OFFクーポンプレゼント
・月額プランは翌月100%還元実施中
error: Content is protected !!