少女・女性漫画

【モラルハザード】12巻ネタバレ|古い友人マリと再会した奈美は!?

マンガMeeで掲載中の『モラルハザード(下北沢ミツオ/月瀬いづみ先生)』の第12話のネタバレと感想をまとめました。

この記事では『モラルハザード』のあらすじのネタバレを含む内容となっています。『モラルハザード』を漫画で楽しみたいという方はまんが王国>>で月額メニュー登録で最大9,000円分ポイント還元のキャンペーンが実施されていますのでお得に読むことができます!

\『モラルハザード』が無料で読める

※ポイント購入で9,000pt還元キャンペーン実施中!登録は3分で完了です!

【モラルハザード】全話ネタバレ|最新話から最終回や結末まとめマンガMeeで掲載されていた下北沢ミツオ/月瀬いづみ先生の作品『モラルハザード』の1巻から最終巻までのネタバレと感想をまとめています。 ...

『モラルハザード』第12話ネタバレ

◆古い友人とのランチ・・・

奈美は陽介を中傷しているサイトがあると教えてくれた古い友人 マリからランチに誘われました。

陽介を中傷したサイトには、お金を貸して返ってこないとかカードを不正利用されたとか多くの悪事が書かれています。

奈美は怖くて陽介を問い詰めることも、信じているということもできません。

久しぶりのマリとのランチは中傷サイトの事もあって気まずいかもしれないと思っていましたが、奈美は昔に戻ったようで楽しく過ごすことができました。

しかしマリはサイトの内容が真実なら罪だと思うと、まっすぐに奈美を見つめます。

 

◆正しい人・・・

社長になるために手段を選ばなかったマリですが、人の道をそれるようなことは絶対にしない正しい人でした。

そんなマリが陽介がやっていることや容認している奈美のことを許せるはずがありません。

マリは自分も中傷された経験からすべてを信じているわけではありませんが、もし真実なら返すものを返して償うべきだと奈美を説得しました。

ずっと目を背け続けてきた奈美も陽介が犯罪まがいのことをしていて、取り返しがつかないことになっていることは気が付いています。

マリは悪いことは後で必ず倍になって帰ってくるから、向日葵のためにもきちんとしたほうがいいとアドバイスしました。

そして別れ際 奈美を抱きしめて、再会することがない別れを告げます。

 

◆特定されたSNS・・・

帰宅して食事を用意する前にSNSを更新しようとした奈美は、金返せと書かれたコメントが50件も届いていることに驚きました。

陽介の妻だと特定されてしまったのです。

コメントをママ友に見られないうちに削除しようとした奈美は、ママ友たちのSNSに影響が出ていないか確認しました。

すると真琴のSNSには2人目を授かったという幸せそうな家族写真が更新されています。

奈美は幸せそうな真琴の笑顔を見て、糸が切れたように怒り出しました。

驚いて泣き出した向日葵にも当たり散らし、頭の中ではマリのこのままでは終わらないという言葉が繰り返し響きます。

図書館館長
図書館館長
『モラルハザード』第12話のあらすじのネタバレはここまで!!
『モラルハザード』第12話は、奈美をまっすぐに見つめるマリの目がかなり怖いです。
でもその怖さは奈美が、正しくあろうとする綺麗な心のマリから責められていると思っているから怖いのだと思います。
マリは美人だとは言えませんが、かなり心が綺麗な人なんでしょうね。
奈美とは疎遠になっていたのですから放っておいてもよかったはずなのに、会って話をしようとした彼女の優しさに奈美は答えて欲しいです! 

『モラルハザード』第12話感想まとめ

◆陽介の悪事

ネットに書かれていた陽介の悪事は

お金を借りたままとんずらに投資詐欺。

商品代を受け取っておきながら、商品は未発送。

他人名義のカードを使い込み。

奈美の衣装代にも使われていることも、子供を作っていることもばれています。

しかも訴えられたり、追われたりしているようです。

ここまで来たら奈美が問い詰めなくても、今までの生活は終わりを告げるのはすぐなんじゃないでしょうか。

マリが言っているように、少しでも早く返すものを返して償って謝罪すべきです。

それで被害者が納得するとは思えませんが、返すものを返せば少しは罪を軽くできるんじゃないですかね。

元々奈美は陽介の悪事を知らずに騙されて結婚したようなものです。

気が付いた今なら奈美は罪に問われない可能性があります。

向日葵を守るためにも、今のうちに謝罪しておいた方がいいですよね。

もしこのまま陽介の罪を咎めないまま、ずるずるとしていたら大変なことになるかもしれません。

下手をすれば陽介はひとりで姿を消して、奈美にすべてを押し付ける可能性もあります。

奈美には現実を見て、どうすればいいのか正しい判断をして欲しいものです。

 

◆マリの判断

マリは手段を選ばずに社長になる夢をかなえた人物です。

その社長という立場を守るために、悪事を働いている陽介の妻である奈美との関係をきるという手段をとったのでしょう。

もし奈美のことも世間に広がってしまえば、自分も陽介との関係を疑われかねません。

元々マリ自身も中傷されていた有名社長なのですから、陽介との関係を疑われれば悪事をしていると思われます。

それでも最後に忠告しようとしたマリは優しい人物なのでしょう。

マリが関係をきろうとしているとわかっても、奈美が何も言わなかったのはマリの判断が正しいことだとわかっているからでしょう。

マリと同じように、奈美と縁を切ろうとするママ友が出てくるのも時間の問題ではないでしょうか。

 

◆気にするのはSNS

奈美が気にするのはお腹がすいている娘の向日葵より、SNSなんですね。

金返せ!と書かれたコメントがいつからついているのかはわかりませんが、削除してももう目にしているママ友もいるんじゃないでしょうか。

それにママ友じゃなくても、スクショして拡散している人もいるかもしれません。

それなのに向日葵に当たり散らすなんて、奈美は母親じゃありませんよ。

ただでさえ向日葵にダメなことを教えていないのに、お腹がすいたと訴える向日葵に床で食べさせるとかありえません。

2歳児なら手づかみの食事は不自然ではありませんが、床で食べさせるのは違うでしょう。

その上 2人目ができたと幸せそうにしている真琴に嫉妬して、当たり散らすなんて酷すぎます。

奈美は裕福な生活がしたかっただけで、幸せな家庭が築きたかったわけではないんじゃないでしょうか。

そしてそれを自慢して、マウントをとって優越感に浸りたかっただけだとしか思えません。

奈美がSNSには幸せそうな部分しか書かないのと同じで、真琴だって杏子だって幸せな事しか書いていないだけです。

誰しも自分の恥になるようなことは隠すものだと気が付ければ、嫉妬なんてせずに済んだのに。

真琴も真琴でお金がないのに、2人目なんて作って大丈夫なんでしょうか。

しかも陽介にお金をだまし取られようとしているんですよ。

ママたちのマウント合戦はどうでもいいので、子供たちが不幸にならないことを祈ります。

\『モラルハザード』が無料で読める

※ポイント購入で9,000pt還元キャンペーン実施中!登録は3分で完了です!

当サイトは漫画を電子書籍サービスで購入して読むことを推奨しているため、あらすじのネタバレは作品の途中までの内容となっております。続きが気になる方は電子書籍サービス入会特典などを使ってお得に読まれてください。

★★電子書籍サービスの入会特典一覧★★
サービス名 特典
コミック
シーモア
・無料会員登録で70%OFFクーポンプレゼント
・3日連続購入で最大600ポイントプレゼント
・月額メニュー登録で20,000ポイントプレゼント
・オトナ向け、TL、BLマンガの数が豊富
まんが
王国
・購入金額の最大50%ポイント還元
無料で読めるマンガの数が豊富
U-NEXT 31日間無料トライアル実施中
・無料トライアル登録で600ポイントプレゼント
・継続利用で1200ポイントプレゼント
コミック.jp 30日間無料トライアル実施中
・無料トライアル登録で1350ポイントプレゼント
大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】Ameba
マンガ
・無料会員登録で100冊まで40%OFFクーポンプレゼント
・LINE登録で毎週10%OFFクーポンプレゼント
・月額プランは翌月100%還元実施中
error: Content is protected !!