TLコミック

【黒弁護士の痴情 世界でいちばん重い純愛】16話ネタバレ|春真は、宗一の傍にいる結が気に入らなくて…?

Premium Kissで掲載中の『黒弁護士の痴情 世界でいちばん重い純愛(すみ先生)』の第16話のネタバレと感想をまとめました。

【『黒弁護士の痴情 世界でいちばん重い純愛』前話あらすじ】

弁護士である神宗一(じんそういち)とお付き合いしている白井結(しらいゆい)ですが、ある日、羽瀬川春真(はせがわはるま)という男から別れるように告げられます。

まるで、宗一のことを狙っているような春真ですが…?

\『黒弁護士の痴情 世界でいちばん重い純愛』第16話を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員は3分で完了です!

『黒弁護士の痴情 世界でいちばん重い純愛』第16話ネタバレ

◆浴衣姿で

場面は、結が夏祭り会場に浴衣姿で来ており、そこでは宗一のことを待っていました。

しかし、スマホを見てため息をつく結。

本当なら宗一と一緒に来れることを楽しみにしていた夏祭りですが、今回そんな2人の様子を春真が追いかけるようにして見に来ているのです。

春真からは、完璧なはずの【宗一の弱点】になっているなんて、結は告げられていました。

そうして、結はそんな春真と話す中で、ただの弱点じゃないことを、この夏祭りで証明しろとまで告げられていたのです。

宗一が来るまでの間に、そんなことをぼんやりと考える結。

 

一方で、結のことを傍で見ていた男性たちが居ました。

夏祭り会場に浴衣姿で、1人で立っている美人の結。

男性たちは、結のことをナンパしようとしていたのです。

しかし、そんなタイミングで宗一がやってきて、他の男性からも注目を集める結のことを心配する宗一。

そんな宗一は、結を思って、仕事終わりに急いで駆けつけてくれていたのです。

◆楽しい時間

宗一が駆けつけて来てくれたことが嬉しくなった結。

そんな結は、宗一と一緒に出店を歩いて、楽しい時間を過ごしていました、

けれど、そこではどうしても春真のことが気になってしまい、結は辺りを見渡してしまいます。

すると、そんな結のおかしな様子に気付いた宗一。

そこで宗一は、結が春真と出会った日から何かおかしいと、怖い顔をしながら、何かあったんじゃないかと結に告げることにします。

 

結局、その場は何でもないと答えた結ですが、宗一との間には気まずい空気が流れてしまいました。

けれどそこでは、不安そうにしている結の手に触れてきて、手を繋いでくれた宗一。

結の方も、春真のことを隠しながら過ごすのは、どこか心苦しく思えていました。

◆邪魔な存在

場面は、宗一が結の食べたがっていた焼きそばを買うために離れ、結が1人でベンチで座っているシーンです。

そんなタイミングでは春真が現れて、俺のことも構ってほしいなんて、そう結に告げてきた春真。

そうして、結は春真に連れられ、宗一に何も言えないままその場を離れてしまうことになるのです。

 

結は、春真に手を惹かれるようにして人気のない場所に連れられていました。

そうして、宗一が結を迎えに来るのを、どこか楽しそうに待っている様子の春真。

一方で、そんな春真の様子を見て、結は春真が宗一に構ってもらいたくて、わざとこんな風に結を引き止めていることに気付きます。

けれど、そんなことを口にすると、春真は不機嫌になり、結の口を抑えつけるようにして怖い表情を向けてきました。

そこでは結が宗一のことをおかしくしているなんて話す春真。

以前、宗一が、結に絡んできた男性を殴ったこともありますが…今までなら、そんなふうに感情的に動いて、弱みを握られるような行動を、宗一はしなかったというのです。

 

それらが全部結のせいであり、結が宗一の傍に居て良いはずがないなんてそう告げられた春真。

そんな台詞に結は、自然と涙を流していて…?

◆怖い顔の宗一

けれど、そんなタイミングで現れたのは宗一でした。

結を泣かしている春真の様子を見て、まるで人殺しのような怖い顔を春真に向ける宗一。

そうして、今にも春真のことを殴りそうになっていた宗一ですが…そんな様子を見て、結は必死に宗一の腕に縋りました。

宗一には、春真のことを殴って欲しくないと必死に抑えつける結。

すると宗一は、結局春真を無視するようにして、結をつれ、その場から帰ることにするのです。

 

帰りのタクシーの中でも、2人の間には気まずい空気が流れていました。

しかし、そんな中で会場からは花火の音が聞こえて、少しだけはしゃぐ結。

けれど、そこで宗一は不機嫌そうに反対側の景色を見ており、結は折角楽しみにしていた花火を、宗一と一緒には見ることが出来なかったのです。

◆宗一の嫉妬

タクシーを降り、部屋に帰ることとなった結と宗一ですが、部屋に入るなり宗一は、結が春真にされたことを聞いてきます。

けれど、そこでは、春真に【宗一の弱点になっている】なんて言われたことを正直に話すことはできず、言葉を濁してしまう結。

すると宗一の方は、そんな風に隠し事をする結に対して、キレてしまうのです。

 

強引に、結にキスをした後、結が声を掛けても一切手を止めてくれない宗一。

それだけじゃなく、宗一とのキスで濡れてしまった結の下着の中を宗一は指で触りながら、こんなにも濡れているのは、春真と話していたからじゃないかなんて勘違いまでしてしまうのです。

どんなに本当のことを話そうとしても、怖い顔をしながら手を止めてくれない宗一。

そこで結は、今の宗一には、自分の言葉は何にも届かないんだろうなんて感じて…?

生徒
生徒
『黒弁護士の痴情 世界でいちばん重い純愛』第16話はここまで!
図書館館長
図書館館長
第16話では、ブチ切れちゃっている宗一の姿を見ることが出来るのですが、結が春真に何かされたんだと思って、結に対してキレちゃっている宗一。

そんな宗一が執着を見せるようにして、結の身体を触っているシーンにドキドキです!!嫉妬深くて、執着も強い宗一が最高ですね!!

『黒弁護士の痴情 世界でいちばん重い純愛』第16話感想まとめ

今回は、宗一の執着が最高でした!!

春真が色々ちょっかいを出してきていることもあり、色々と暴走している宗一。

そんな宗一が結の話を聞いてくれずに暴走しちゃう感じが、読んでいてもうドキドキなんです!!

 

それも、今回お話のラストって、めちゃくちゃブチ切れている宗一が、結の身体に触れて、結をイかせているところで終わっているんですが…。

これ次回の展開が凄く気になるところでもありますよね!!

次回は、きちんと話ができるのか?

それとも、暴走している宗一は止まらずに最後まで抱いちゃうのか…?

そんなところは、凄く気になるところです!!

 

それから、春真に関しては、今回も宗一にスルーされていました。

未だに、宗一には見向きもされない春真。

そんな春真が、今後どう動くのかも気になるところですね!

次回のお話も楽しみです!!

\『黒弁護士の痴情 世界でいちばん重い純愛』第16話を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員は3分で完了です!

★★電子書籍サービスの入会特典一覧★★
サービス名 特典
コミック
シーモア
・無料会員登録で70%OFFクーポンプレゼント
・3日連続購入で最大600ポイントプレゼント
・月額メニュー登録で20,000ポイントプレゼント
・オトナ向け、TL、BLマンガの数が豊富
まんが
王国
・購入金額の最大50%ポイント還元
無料で読めるマンガの数が豊富
U-NEXT 31日間無料トライアル実施中
・無料トライアル登録で600ポイントプレゼント
・継続利用で1200ポイントプレゼント
コミック.jp 30日間無料トライアル実施中
・無料トライアル登録で1350ポイントプレゼント
大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】Ameba
マンガ
・無料会員登録で100冊まで40%OFFクーポンプレゼント
・LINE登録で毎週10%OFFクーポンプレゼント
・月額プランは翌月100%還元実施中
error: Content is protected !!