未分類

【国民ボタン】最新話7話ネタバレ|悪魔から説明される第2回戦のルールとは・・・

『国民ボタン』のネタバレ記事まとめはこちら↓

https://madkid.jp/kokumin-matome/

めちゃコミックで連載中の鈴木大四郎さん/楠風夏さんの作品『国民ボタン』の第7話のネタバレと感想をまとめました。

『国民ボタン』の第6話ネタバレおさらい》

佐藤の前に再び悪魔が姿を表し、第二回戦が開始されることが告げられます。

国民の手の甲には悪魔のボタンが出現し、テレビには悪魔が映し出され第二回戦が始まることが告げられて・・・。

前話>>『国民ボタン』6話のネタバレはこちら

\ 読みたい漫画が無料で読める /

U-NEXTは31日間無料トライアル登録で600ポイントがGETできます!

※31日以内に解約しても0円!キャンセル手数料はかかりません!

『国民ボタン』第7話ネタバレ

テレビに映った悪魔は新たに出現したボタンについて説明を始めます。

前回の国民ボタンでは佐藤が当たりのボタンを押して助かったけれど、その間みなさん好き勝手に言っていましたね。と悪魔は言います。

悪魔はそこで今回のゲームは文句のないように全員参加型のゲームを用意したと言います。

 

悪魔は1ヶ月間このボタンを押した人が国民の半数を超えなければ日本国民全員が助かると説明をします。

しかしボタンを押した人数が国民の半数を超えた時点でボタンを押していない人は全員死ぬと言います。

 

話しを聞いていた男性が国民の半分がボタンを押さなければ誰も死ぬことはないんだよなとテレビに向かって話します。

それなら誰も押さなければいいだけなんじゃないと言います。

 

家族でいる人もボタンを押さないで国民全員が助かるなら誰も押さないだろうと話しています。

学校で話しを聞いていた学生はそんなのゲームにならないよねと話しています。

 

国民がゲームについて話しをしている間悪魔はただ何も言わず微笑んでいました。

悪魔はそれでは第二回戦をお楽しみくださいと言ってお辞儀をします。

悪魔は去り際に一つ言い忘れたことがあると言います。

ボタンを押した人の割合はみなさんに分かるようになっていると言うのです。

 

そこで悪魔からの話しが終わり、テレビの映像が途絶えます。

テレビ画面は元の番組の映像に戻ります。

 

悪魔の話を聞いた国民は手にあるボタンを見ます。

ボタンには時計のように線が刻まれています。

そしてその線に向かって少し黒く塗りつぶされています。

この黒いのがボタンを押した人数を表してるのかと男性はつぶやきます。

 

男性はそうかと言い、ボタンを押しておけば必ず生き残れるということかとこのゲームのルールの抜け穴について気がつきます。

男性と同じように生き残る方法に気づいた国民は次々とボタンを押していきます。

 

空はいつのまにか元の色に戻っていました。

女性が男性にどうするのか尋ねます。

男性は男声は押すはずがないだろうと答えます。

女性はでもボタンを押しておけば私たちは助かるんだよと男性に言います。

男性は自分たちのせいで死ぬ人が出てもそれでいいのか女性に問いかけます。

女性はボタンを押さずに死ぬことになったらと男性に言います。

男性はこれは悪魔のトリックだと女性を説得します。

女性は分かってるけどと叫び出します。

世の中カズくんみたいにいい人ばっかりじゃないよと男性に言います。

女性の手にあるボタンの黒い部分はどんどん増えていきます。

 

家族でいる男性と女性がボタンについて話しています。

女性がどうするのと男性に尋ねます。

男性はこのボタンが本物だと決まったわけじゃないし・・と言葉を濁します。

女性はこのボタンが本物だったらと尋ねると、男性はその時考えればと言います。

その間子供は男性に話しかけます。

 

女性は男性のそういうところが嫌いと言います。

男性は女性のその言葉に苛立ちながらじゃあどうするのか正しいのか尋ねます。

子供は男性が話しを聞いてくれないのでもう一度話しかけます。

子供は自分の手についているボタンのことを尋ねます。

子供がボタンを押そうとすると、男性は子供の手を叩きます。

子供は大泣きし始めます。

女性が信じられないと言って子供をなだめます。

 

その夜ー

Q国では道で国民が倒れています。

倒れた国民の手にあるボタンには縁が半分黒色に塗られています。

この国の国民の半数は命を落としたのでしたーーー。

>>『国民ボタン』第8話ネタバレに続く

『国民ボタン』の最新話を無料で読む方法

『国民ボタン』めちゃコミオリジナル作品のため、めちゃコミック以外では配信されておらず、無料で読む方法はありませんでした。

『国民ボタン』を読みたい場合は、めちゃコミで1話50円で配信されていますので、購入して読むしか方法はないようです。

生徒
生徒
漫画好きの人におすすめ!電子書籍サービスで漫画を無料で読める方法があります。

電子書籍サービスでは無料会員登録でポイントやクーポンを特典でもらうことができます。

\電子書籍サービスの特典/

サービス名 特典
コミック.jp ・30日間無料トライアル
・無料トライアルで1350円分のポイント
U-NEXT ・31日間無料トライアル
・無料トライアルで600円分のポイント
・継続利用で1200円分のポイント
まんが王国 ・購入金額の最大50%ポイント還元
コミックシーモア ・無料会員登録で50%OFFクーポン
・月額メニュー登録で全額ポイントバック
FODプレミアム ・2週間無料トライアル
・無料トライアルで900円分のポイント

この無料会員登録でもらえるポイントを使って読みたい漫画を無料で読むことができます。

ミケネコ
ミケネコ
この中でも私がおすすめなのが【U-NEXT

31日間無料トライアル登録で600ポイントがGETできます!

このポイントを使って読みたい漫画を無料で楽しむことができますよ♪

\ 読みたい漫画が無料で読める /

U-NEXTは31日間無料トライアル登録で600ポイントがGETできます!

※31日以内に解約しても0円!キャンセル手数料はかかりません!

『国民ボタン』第7話感想まとめ

国民ボタンの第2ゲームが始まりました。

第2回戦は国民全員の手にボタンが出現して、1ヶ月後に国民の半数がボタンを押していなければ国民全員が助かるというものでした。

説明を聞いた国民はそれならボタンを押さなければいいのかと安堵しましたが、悪魔は何やら不敵な笑みを浮かべています。

このゲームはボタンを押した人数が国民の半数を超えれば、ボタンを押さなかった人が死ぬをいうことからボタンを押せば必ず助かるのかもという可能性がでてきました。

みんな自分の命がかわいいですよね。

どんどんボタンを押す人が増えてボタンの黒の部分が増えていきます。

ボタンを押さなければ国民全員が助かると思って押さないでいた人も、ボタンを押す人がどんどん増えていると知れば自分の命のためにボタンを押すでしょう。

どのタイミングでボタンを押すのか、それとも最後までボタンを押さないでいるのか。

話の最後にはQ国でボタンを押さなかった人たちが亡くなっていました。

このことが報道されれば不安になってボタンを押す人が増えそうですよね。

日本国民はボタンを押すのか、ボタンを押さない人が多いのか続きが気になりますね。

>>『国民ボタン』第8話ネタバレに続く

★★電子書籍サービスの入会特典一覧★★
サービス名 特典
コミック
シーモア
・無料会員登録で70%OFFクーポンプレゼント
・3日連続購入で最大600ポイントプレゼント
・月額メニュー登録で20,000ポイントプレゼント
・オトナ向け、TL、BLマンガの数が豊富
まんが
王国
・購入金額の最大50%ポイント還元
無料で読めるマンガの数が豊富
U-NEXT 31日間無料トライアル実施中
・無料トライアル登録で600ポイントプレゼント
・継続利用で1200ポイントプレゼント
コミック.jp 30日間無料トライアル実施中
・無料トライアル登録で1350ポイントプレゼント
大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】Ameba
マンガ
・無料会員登録で100冊まで40%OFFクーポンプレゼント
・LINE登録で毎週10%OFFクーポンプレゼント
・月額プランは翌月100%還元実施中
error: Content is protected !!