未分類

【火祭り村】24話ネタバレ|共行は火那子と風斗を守れるのか!?

A-WAGONで掲載中の『火祭り村(猪爪ケイ/enem)』の第24話のネタバレと感想をまとめました。

【『火祭り村』前話あらすじ】

白装束を着た共行と火那子が向かったのは、焔山に用意された祭壇でした。
そこにやって来た神主は意識を失った風斗を引きずって来て・・・。

\『火祭り村』第24話を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員は3分で完了です!

【火祭り村】最新話から最終回まで全話ネタバレ結末まとめ猪爪ケイ先生/enem先生の作品『火祭り村』の第一話から最終回(結末)までのネタバレをご紹介していきます。 \『火祭り...

『火祭り村』24話ネタバレ

◆共行が炎をまとったタネは・・・

共行が神主の前で腕に炎をまとって見せたのは、風斗から授かった気化熱マジックを使ったからできたことでした。

風斗が酒蔵で抽出したエタノールを利用したのです。

カルトの信者は普通の人なら信じないようなことでも、リアリティがある奇跡体験を目の当たりにすると信じてしまうのです。

それを利用して風斗が立てた作戦でした。

共行はホムラ様が共行に力を分け与え、ある言葉を貰ったと言います。

火那子から分霊が抜けたのは、その時ホムラ様自ら分霊を引きあがたからだと言うのです。

共行は神主の発言が全て間違っているとは思っていません。

しかし共行は文明の力全てを否定し、人を殺したりする気はありません。

かつて人間が火を手に入れたのは誰かと争うためでも、殺すためだでもなく、大切な人を守るためだと共行は思うのです。

神主は自分でさえ聞いたことがない、ホムラ様の声を聞いたのが共行だと信じられないようです。

神主を騙すことができるかわかりませんが、嘘をつくことしかできない共行は嘘を貫くしかありませんでした。

共行はかつての貧しい時代は過ぎた今、例大祭での生贄は必要ないとホムラ様が言ったのだと神主を諭そうとします。

しかし神主はホムラ様の声を聞いたのは嘘だと言いながら、足を前に踏み出しました。

◆共行の首筋めがけて刀を振りかぶった神主は・・・

意識を取り戻した火那子が神主の指貫を掴もうとしますが間に合わず、神主は嘘をつくなと怒鳴りながら共行に切りかかろうとします。

ところが微動だにせず神主を睨みつけている共行を、神主は切ることができずに首元で刀を寸止めしました。

神主は一人で納得し始めます。

かつて火那子の父・信太も共行と同じように、ホムラ様が生贄を望んでいないと言っていると言っていました。

神主である自分に聞こえない声が信太に聞こえるはずがないと、神主は信太の言葉を信じずに殺してしまったのです。

神主は刀を下ろして、自分が間違っていたと言います。

火那子は父の死の真相を知り、悔しそうに涙を流していました。

神主は愚かなことをした自分をホムラ様にさばいて貰う必要があると言って、祭壇の方へ歩き出します。

共行が火那子の元へ駆け寄ります。

神主は火那子が縋り付いている共行に、ホムラ様の声を聞いたという言葉を信じて村の行く末を託すと言いました。

神主は共行にホムラ様のご加護があるようにと頭を下げました。

そして共行たちの目の前で、ホムラ様の僕(しもべ)が参ると叫びながら自ら杭を胸に突き刺します。

◆山に浮かぶ焔の文字

祭り会場では村人が、山に儀式が完了した合図の焔の文字が浮かんだと騒ぎ始めました。

風斗と共行の計画を知っている新造と甲子郎は失敗したのかと、やぐらの上で不安そうにしています。

すると村人の1人が山の方に光る灯りに気が付きました。

それは神輿を担ぐ神人の持つ松明の灯りです。

神輿の上には生贄になっているはずの共行と火那子の姿が有り、戻ってきたことに村人は驚いていました。

御三家の一つである火口家当主が、生贄を出した神服家の新造にどういうことか詰め寄ります。

新造はわからないと突っぱねますが、内心では共行と風斗が計画をやり遂げたことに安堵していました。

村人たちは神聖な例大祭の生贄を拒否したと、共行を責め始めようとしています。

しかし共行が堂々と傾聴するよう言い、村人を黙らせました。

共行は焔山の祭壇で授かったホムラ様の言葉を伝えると言います。

ホムラ様は生贄を望まなくなったから下山を許され、神人が従っているのがその証拠だといます。

村人は神主の命令しか聞かないはずの神人が従っているということは、神主のお墨付きだと言って次々と共行にひれ伏し始めました。

その頃。

焔山の祭壇は炎に包まれ崩れ落ちようとしています。

共行は神輿の上で両手をあげて、村人の祈りの姿を焔之迦具土神(ほむらのかぐつちのかみ)見て貰うよう祈りの言葉を唱えました。

麗華と手を繋いだ風斗は森の中から共行の姿を見て、共行は昔からそうだったと思っています。

共行は一度嘘をつき始めると、まるで自分の嘘に憑りつかれたように他人を巻き込んでいくのです。

嘘だと知っている風斗でさえ信じてしまうほど、嘘憑きになります。

風斗と麗華の姿に気が付いた共行は、2人にてを振りました。

風斗は今の共行はまるでカルトの王の様に思えるのでした。

生徒
生徒
『火祭り村』第24話はここまで!
図書館館長
図書館館長
第24話では、神主が祭壇に向かいながら語っている時、共行にしがみついている火那子の顔がかなり可愛いです。
今まで共行のことを気持ち悪いと嫌がっていたのですが、火那子を助けようとしている気持ちが伝わったのかもしれませんね。
村に戻った風斗も麗華と手を繋いでいますし、これで2組のカップル成立ですね。

\『火祭り村』第24話を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員は3分で完了です!

『火祭り村』24話感想まとめ

風斗が作っていたエタノールはこんな風に役立てるつもりだったんですね。

そのおかげで神主が共行の言葉に耳を傾けるようになったのは、計画通りですね。

まさか風斗が神主に捕まるところまで計画通りだったとは言わないと思いますが、ここまで風斗の思った通りに進んだのはすごいと思います。

風斗ってどれだけ頭がいいんでしょうね。

これで神主は命を落としました。

しかし本当に村は解放に進むのでしょうか。

なんだかまだ終わってない気がするんですよね。

風斗は共行がカルトの王のようだと言っていると言うことは、これから共行が火祭村の神主になるってことを示唆してる気がします。

それに神主の正体もわかっていません。

今は神人も共行に従っているようですが、この人たちの正体も不明なままです。

謎を残したまま話が終わる分けも有りません。

何より村人からすれば共行はホムラ様の代弁者。

ホムラ様の言葉を欲しがって、村から出さなくなるんじゃないでしょうか。

ただでさえ村人は犯罪者で、外とかかわりを持つわけにはいかないのですから。

調子に乗るタイプの共行も村人がちやほやされるからとか、言うこと聞くからとかいう理由で村に残りそうな気がしなくも有りません。

問題は解決したはずなのに、なんだか不安が残ってモヤモヤします。

次回からどんな風な展開になるのか気になって、待ち遠しいです。

\『火祭り村』第24話を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員は3分で完了です!

★★電子書籍サービスの入会特典一覧★★
サービス名 特典
コミック
シーモア
・無料会員登録で70%OFFクーポンプレゼント
・3日連続購入で最大600ポイントプレゼント
・月額メニュー登録で20,000ポイントプレゼント
・オトナ向け、TL、BLマンガの数が豊富
まんが
王国
・購入金額の最大50%ポイント還元
無料で読めるマンガの数が豊富
U-NEXT 31日間無料トライアル実施中
・無料トライアル登録で600ポイントプレゼント
・継続利用で1200ポイントプレゼント
コミック.jp 30日間無料トライアル実施中
・無料トライアル登録で1350ポイントプレゼント
大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】Ameba
マンガ
・無料会員登録で100冊まで40%OFFクーポンプレゼント
・LINE登録で毎週10%OFFクーポンプレゼント
・月額プランは翌月100%還元実施中
error: Content is protected !!