少女・女性漫画

【毒乙女~大正整形奇譚~】8話ネタバレ|千代は菊乃に成り代わって、結婚し…?

まんが王国で掲載中の『毒乙女~大正整形奇譚~(柴田bbb先生)』の第8話のネタバレと感想をまとめました。

【『毒乙女~大正整形奇譚~』前話あらすじ】

山野千代(やまのちよ)と一条菊乃(いちじょうきくの)は、お互いの地位が羨ましくて顔の皮膚や、毛根ごと髪を変えてしまいます。

そんな中、身分の低い人間になれば自由になれると思っていた菊乃ですが、実際、違う顔に変わって過ごしてみると…?

\『毒乙女~大正整形奇譚~』が無料で読める

※ポイント購入で9,000pt還元キャンペーン実施中!登録は3分で完了です!

【毒乙女~大正整形奇譚~】全話ネタバレ|最新話から最終話結末まとめ柴田bbb(しばたばばば)先生の作品『毒乙女~大正整形奇譚~』の第一話から最終回(結末)までのあらすじと感想をまとめました。 \『...

『毒乙女~大正整形奇譚~』第8話ネタバレ

◆記憶喪失の菊乃

場面は、病院に菊乃の両親が呼び出されているシーンです。

数か月前にこの病院に運ばれてきた怪我人は身元不明だったものの、今回、そんな女性の正体があの一条家の子女であると発覚したのです。

なんでも記憶が混濁しているようで、運ばれてきた菊乃自体も色々と混乱しているようで…なんて医師からは説明を受ける菊乃の両親たち。

そんな両親ですが、菊乃がとある運転手によって誘拐され、こんな事故が起きてしまったということを腹立たしいと思えていました。

菊乃のことを大切に思っている両親。

 

しかし、そんな様子を、菊乃は笑みを浮かべながら見ています。

というのも…ここにいるのは本物の菊乃ではありません。

以前、菊乃と千代はお互いの目的のためにその顔の皮膚ごと交換しました。

キネマ女優に憧れ、美人な顔に変わって喜んでいた菊乃。

ですが、そんな菊乃が転落して死んでしまったことは千代や千代の従者である平吉、そうして、顔を交換してくれた松本邸の医者であるエドワードしか知らないのです。

そうして菊乃が亡くなって…千代は当初の計画通り、菊乃として一条家の娘に成り代わりました。

 

◆気難しい婚約者

医者から、誘拐された菊乃は【頭を強く打ち記憶が混濁しているものの】問題はないだろうと話を聞く両親たち。

なにより、両親が安心したのは菊乃の貞操が無事であるということでした。

既に、良家との婚約が決まっていた菊乃。

そんなことから両親は、もし菊乃が汚されてしまい、結婚できなくなったらと不安だったのです。

 

菊乃の婚約者は格上の公爵家である円城寺家の当主である、円城寺秀一(えんじょうじしゅういち)でした。

父親が早くに急逝してしまったことから、当主としての務めを果たすことになった秀一。

そんな秀一は正体的にも有望な若て官僚でもあったのです。

 

◆裏の顔

場面は、菊乃が生きていた頃の話です。

初めて2人が顔を合わせた際、菊乃は母親に地味な色の着物を着せられ、秀一とは顔合わせをすることになりました。

父親が亡くなって間もない秀一に合わせるために、あまりに華美な着物を着るわけにはいかなかったのです。

ですが、それが気に入らなかった菊乃。

そんな菊乃は、侍女に持ってこさせたお茶をわざと零し、自分の着物を汚すことにしました。

そうすれば、こんな地味な着物は脱げるはずで、侍女を叱りつけながら、こんな地味な着物を脱げると笑みを浮かべる菊乃。

しかし…そんなやり取りはすべて、外で煙草を吸っていた秀一に見られていたのです。

 

 

そこでは、菊乃の裏の顔を知っても特に表情を変えない秀一。

そうして秀一も面倒くさそうに煙草の煙を吐き出すと、菊乃には【世継ぎの男児さえ産んでくれればそれでいい】なんて告げてきて…?

 

◆要注意人物

その後、場面は、菊乃と千代が生前に話しているシーンです。

そこでは既に顔を変えた後の2人。

そうして菊乃は、千代に対して自分に成り代わる際の気を付けることをいくつかメモにしていました。

特に婚約者である秀一に気を付けるように告げられた千代。

なにより、秀一との結婚では、家のためにも必ず良い嫁を演じるようと告げられていて…?

 

場面は、菊乃のフリをした千代が入院している病室に変わります。

騒がしく秀一の母親であるマチ子がやってきて、こうして簡単に誘拐されてしまうなんて自覚が足りないと菊乃を責めるマチ子。

一方で、人目があることから秀一の方は菊乃を心配する良き婚約者のフリをしていました。

 

◆幸せな結婚

千代が退院してすぐ、千代は菊乃としてと秀一は結婚することになりました。

菊乃の中身が変わっているのがばれないまま、女学院は退学し、そのまま嫁として円城寺家に嫁いだ千代。

そんな千代にとって頭が痛い存在は姑であるマチ子の存在でした。

 

千代のことが気に入らず、嫁いびりをする千代。

しかし、千代にとってはそれも耐えられるものでした。

憧れだった良家の娘として生活するのならこれくらいは大丈夫だと感じる千代。

それから、そんな千代には、平吉がまた女装したへめ子として付いてきてくれているのも心強いことでした。

松本邸に放火したことから今はもう、千代に付いてくる必要はない平吉。

ですが、平吉は千代に付いていくことを選んでくれたのです。

 

そんなことから、面倒なことが多いこの環境でも前向きに生きていく千代と平吉。

すると、大人しくて良い嫁である千代に使用人たちも次第に打ち解け、そうして、夫である秀一も心を開いてくれました。

過去のやり取りを見ているため、侍女を叱りつけているような菊乃が、まるで別人になったように感じると話す秀一。

そうして、結局正体がばれることはなく、千代は菊乃として秀一との結婚生活を過ごしていました。

 

一方で、やっぱりそんな千代の存在を気に入らないのがマチ子です。

菊乃が家の中で上手くやっていることが気に食わないマチ子ですが、そんな不満は、愛人である長谷川三郎(はせがわさぶろう)に会うことで発散していました。

今日も三郎に抱かれ、少しだけ気が楽になったマチ子。

そんな中、話を聞いていた三郎の方は、菊乃が【記憶喪失になっている】なんてところに疑問を持って、菊乃の身辺調査をしてあげようとマチ子に声を掛けて…?

生徒
生徒
『毒乙女~大正整形奇譚~』第8話はここまで!
館長
館長
第8話では、新たに、2人の男性キャラの登場がありました。菊乃の婚約者であった秀一は堅苦しさがありながらも良い人そうですし、一方の菊乃の母親の愛人である三郎は、悪そうな感じで…?

そんなところが、今後も注目したいイケメンたちです!!

『毒乙女~大正整形奇譚~』第8話感想まとめ

前回は、菊乃が転落し亡くなってしまって…そうして、松本邸を全部焼いてしまって証拠を隠滅する…なんて展開で終わっていました。

ですが今回、計画通りに菊乃に成り代わることが出来たみたいですね。

裕福な家庭の娘になって、幸せな人生を歩むことになった千代。

それだけでなく、菊乃の元恋人でもある秀一と結婚まですることになりました。

ここまで見ると、千代の計画はなんだか計画は上手くいったように思えるのですが…。

 

今回気になる点は、姑であるマツ子とその愛人の存在です。

菊乃を気に入らないマツ子。

そうして、そんなマツ子の愛人でもある三郎が、なんだか怪しい感じなんです!!!

記憶喪失である千代のことも不思議がっているような感じですし、お話は色々とトラブルが起きそうで、今後も凄く楽しみに思える展開です!!!

 

\『毒乙女~大正整形奇譚~』が無料で読める

※ポイント購入で9,000pt還元キャンペーン実施中!登録は3分で完了です!

★★電子書籍サービスの入会特典一覧★★
サービス名 特典
コミック
シーモア
・無料会員登録で70%OFFクーポンプレゼント
・3日連続購入で最大600ポイントプレゼント
・月額メニュー登録で20,000ポイントプレゼント
・オトナ向け、TL、BLマンガの数が豊富
まんが
王国
・購入金額の最大50%ポイント還元
無料で読めるマンガの数が豊富
U-NEXT 31日間無料トライアル実施中
・無料トライアル登録で600ポイントプレゼント
・継続利用で1200ポイントプレゼント
コミック.jp 30日間無料トライアル実施中
・無料トライアル登録で1350ポイントプレゼント
大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】Ameba
マンガ
・無料会員登録で100冊まで40%OFFクーポンプレゼント
・LINE登録で毎週10%OFFクーポンプレゼント
・月額プランは翌月100%還元実施中
error: Content is protected !!