TLコミック

【黙って僕に甘やかされて~相性いいのはカラダだけ?~】8話ネタバレ|なぜか3人で飲み会!?宇留野の考えとは?

e乙蜜コミックスで掲載中の『黙って僕に甘やかされて~相性いいのはカラダだけ?~(みなのなこ先生)』の第8話のネタバレと感想をまとめています。

【『黙って僕に甘やかされて~相性いいのはカラダだけ?~』前回のお話しのあらすじ】

翔太からの同棲の提案を断った恵美は、翔太を悩ませているのではないかとすこしモヤモヤするように。そんななか、会社に翔太の知り合いらしい謎のイケメンが現れて・・・?

\『黙って僕に甘やかされて~相性いいのはカラダだけ?~』第8話を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員登録は4STEPで完了です!

『黙って僕に甘やかされて~相性いいのはカラダだけ?~』第8話あらすじネタバレ

♦3人で飲み会・・・!?

何故か宇留野・恵美・翔太の3人で飲み会に行くことに。

景気よく乾杯をし、嬉しそうにお酒を飲む翔太。

翔太は「宇留野氏と飲むのは2週間ぶり」と話し、恵美はそんな話を聞いたことがなかったのですこしだけ落ち込みます。

 

すごく早いペースでお酒を飲む翔太に心配し、恵美は止めようとしますが、翔太はすごく陽気な様子で、トイレにいきます。

翔太が席を外し、宇留野と二人きりになった恵美。恵美は気まずさを感じていると、宇留野は「恵美ちゃんのこと、翔太くんから色々聞いてるよ」と話はじめます。

ちゃん付けと、”色々”に引っ掛かりますが、宇留野はそのまま翔太の心配をしていきます。

「新しい職場での翔太くんはどう?」「仕事できるでしょ」
そして、次の言葉を言われたとき、恵美は引っ掛かります。

「翔太くんは仕事で先回りしようとする癖があるよね。」
いまいちぴんとこなかった恵美は、どういう意味か聞きます。

そんな恵美を見て、宇留野はすこし悪い笑みを浮かべながら「もしかして気づいてないの?」と煽ります。

 

宇留野は恵美の様子を気にせず話続けます。

翔太は仕事が早いから、残業なんてする必要ないのにいつも残業しているのは、恵美に合わせて残ってるからではないか?だって今まで翔太が納期間に合わなかったことなんて無いんじゃないか?それって残業して、先の仕事も先回りしているからではないか?

前の職場で仕事に潰される寸前だった人に、まだ仕事させるのか?

 

宇留野の言葉を聞きながら、恵美は職場での翔太を思い出していました。

たしかに翔太は仕事が早く、しかしそれに疑問を持ったことなんてありませんでした。

 

宇留野の言葉を聞き、呆然とする恵美。

その恵美の様子を見て、「君より、僕の方が翔太くんのことを理解してる」「二人の間に邪魔しに入ったら面白そうだなって思って」と続ける宇留野。

宇留野の言葉ひとつひとつが恵美に突き刺さり、なにも言えずにいると、ちょうど翔太がトイレから戻ってきました。

 

すっかり気をおとしてしまった恵美。

重い空気に心配する翔太を見て、宇留野が「恵美ちゃん、酔いが回っちゃったみたいだから先に帰るって」と言い出します。

恵美はそんなこと一言もいっていませんが、話を進める宇留野。

言い返そうとしますが、宇留野の先ほどの言葉を思いだし、恵美は先に帰る選択をします。

翔太は送っていくと言いますが、それも断り、二人を置いて店を出ました。

♦宇留野の態度に腹をたてつつ、気になる恵美

店を出ると、恵美は宇留野の態度に腹をたてながら、帰り道をズンズンと歩いていました。

しかし、帰り道が結構暗くすこし怖くなる恵美。

すべて宇留野の計画通りなのではとさらに恨むのでした。

震えながら歩いていると、後ろから物音と自分を呼ぶ声。

それにめちゃくちゃ驚くと、その正体は恵美を追いかけてきた翔太でした。

 

翔太が追いかけてきてくれたのは嬉しいと思いつつも、また宇留野になに言われるかわからない為、戻るように促す恵美。

翔太は、すこしおかしい恵美の様子を心配しますが、恵美は翔太の言葉を聞かずに饒舌に話続けます。

「ちょうど一人で帰りたいと思ってた」「仕事のときも、自分のことは待ってくれなくていい」「今までも一人だったんだから、今さら大丈夫」

宇留野に言われた言葉をきにする恵美は、だんだんと今関係ないことまで話します。

なぜいまその話になるのか?疑問をもつ翔太に、上手に言えない自分に嫌気がさす恵美。

 

恵美は、翔太に切り出します。

いままで、仕事はとっくに終わっているはずなのに、なぜ嘘ついて残業していたのか?

恵美は、翔太に頑張らないでほしかったのに、仕事をさせてしまっていた原因は自分であったことに深く傷ついていたのです。

宇留野からそういう話を聞いたことも話し、こういう話を他の人から聞くことがすごく嫌だったことも話しました。

話せば話すほど止まらなくなり、最後には涙も溢れだしてしまいます。

 

そんな恵美に近づき、翔太は話します。

翔太は過去に働く意味も見失って、生きてる理由もわからなくなるほど追い詰められていましたが、いまは恵美と一緒に仕事できているのが何より嬉しいこと。

翔太にとっては、仕事もプライベートも有意義に過ごしていて、恵美と一緒にいられる時間が長いと幸せであること。

しかし、恵美に心配かけてしまっては本末転倒。

だから、これからはちゃんと相談するから・・・と。

優しく抱き締め、恵美の涙を指ですくう翔太は、すごく優しい表情をしていました。

翔太と恵美は、そのまま翔太の家にいき、身体を重ねて愛を深めました。

そして、翔太の携帯には宇留野からメッセージが入っており、それに気づくのはまだ先になるのでした・・・。

ライオンくん
ライオンくん
『黙って僕に甘やかされて~相性いいのはカラダだけ?~』第8話のネタバレはここまで!続きが気になる人は漫画で読むのがいいぞ!
館長
館長
『黙って僕に甘やかされて~相性いいのはカラダだけ?~』第8話は、濡れ場でいつも以上に余裕が無い翔太の様子がとてもセクシーで素敵です。

恵美の脚を持ちながら煽情的な目をする翔太と、そんな翔太にタジタジになる恵美。

とても熱っぽいドキドキ展開でした!

『黙って僕に甘やかされて~相性いいのはカラダだけ?~』第8話あらすじ感想

♦まだまだ読めない宇留野の思惑

恵美を煽っていた宇留野は、本当に二人の邪魔をするためだけに煽ったのか。

それともまだ理由があるのか・・・。

これからのストーリーに大きく関わっていく存在になりそうなので、今後の絡みも注目です。

♦翔太の変わらない一途さで、またひとつ壁と乗り越えた二人。

不安になりまた突きはなそうとした恵美に、翔太のまっすぐな言葉によって二人はまた距離を縮めることができました。

本当に恵美のことが大好きなんだなと感じ、幸せな気持ちになりました。

また、最後の濡れ場では恵美の脚を持ちながら、恵美の言葉も聞き逃すほど夢中になってしまう翔太が描かれており、その翔太の余裕の無い表情がとても扇情的で素敵です・・・!

\『黙って僕に甘やかされて~相性いいのはカラダだけ?~』第8話を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員登録は4STEPで完了です!

当サイトは、漫画を電子書籍サービスで購入して読むことを推奨しております。続きが気になる方は電子書籍サービスの入会特典を使ってお得に読まれてくださいね。

★★電子書籍サービスの入会特典一覧★★

ふくろう先生
ふくろう先生
漫画を無料またはお得に読みたい人は、 電子書籍サービスの入会特典を上手に使うのがオススメ! 

らいおん生徒
らいおん生徒
電子書籍サービスの入会特典には、こんなお得な割引があるんだ!無料で登録するだけでもらえる特典もあるんだね!
サービス名 特典
コミック
シーモア
・無料会員登録で70%OFFクーポンプレゼント
・3日連続購入で最大600ポイントプレゼント
・月額メニュー登録で20,000ポイントプレゼント
・オトナ向け、TL、BLマンガの数が豊富
まんが
王国
・購入金額の最大50%ポイント還元
無料で読めるマンガの数が豊富
U-NEXT 31日間無料トライアル実施中
・無料トライアル登録で600ポイントプレゼント
・継続利用で1200ポイントプレゼント
コミック.jp 30日間無料トライアル実施中
・無料トライアル登録で1350ポイントプレゼント
大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】Ameba
マンガ
・無料会員登録で100冊まで40%OFFクーポンプレゼント
・LINE登録で毎週10%OFFクーポンプレゼント
・月額プランは翌月100%還元実施中
error: Content is protected !!