未分類

【悪魔だった君たちへ】21話ネタバレ|美穂が下田をイジメた理由が明らかに!

シーモアxMosh!で掲載中の『悪魔だった君たちへ(中津功介/古場みすみ先生)』の第21話のネタバレと感想をまとめました。

【『悪魔だった君たちへ』前話あらすじ】

高校時代のイジメの真相を知る為、美穂を問い詰めていく信と下田。
そして、ついにイジメのきっかけがどうやって生まれたのかが語られます。

\『悪魔だった君たちへ』第21話を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員は3分で完了です!

https://madkid.jp/akumada-matome/

『悪魔だった君たちへ』第21話ネタバレ

◆思い出したこと

薬を貰うのを拒否した美穂に、下田が実は他にも思い出したことがあるのだと言います。

高校の時、下田が転校してくるよりももっと前に僕たちは会っているよね、と。

その言葉を聞いて驚いた表情を浮かべる美穂。

そして薬のせいか、そのまま倒れ込んでしまいます。

朦朧とする意識の中、美穂は昔のことを思い出していました。

◆クラスで浮いている美穂

中学校時代。

帰ってきた100点のテストをしまう美穂。

そこへクラスメイトが、土曜日遊園地へ行かないかと誘いにきます。

美穂が困っていると、無理しなくていいよと謝り離れていきます。

美穂はお嬢様扱いされ、いつもクラスメイトからは一歩引かれているのでした。

◆余計なことは考えるな

家に帰り父親にテストを見せた美穂は、友達から遊園地に誘われたことを切り出しますが、勉強以外の余計なことは考えるなと怒られてしまいます。

父さんの言う通りにしていればいい。

そう言われて、それ以上何も言えなくなる美穂でした。

◆魔がさす

帰り道、コンビニに寄った美穂。

そこにはクラスメイトが話していた、なかなか手に入らないという限定のお菓子が売っていました。

父親からの重圧で、ストレスが限界を迎えていた美穂は、そのお菓子を手に取ると、ドキドキしながら自分のかばんへと入れようとします。

しかしその時、後ろから突然声をかけられます。

最後の一個だったかと大きな声で悔しがる青年。

そのお菓子なかなか見つからないんですよと美穂に話しかけてきます。

慌てて、お菓子を置いて店を出る美穂。

青年のお陰で、犯罪者にならずにすんだのでした。

◆救いの言葉

外は雨が降ってきていました。

青年が買い物を終えて外に出てくるのを待って、声をかける美穂。

さっきは止めてくれてありがとうとお礼を言い、折りたたみ傘を持っているからと、一緒に入っていかないかと誘います。

2人で傘をさして歩きながら、初めてあんなことをしたんだと震えた声で話す美穂。

すると青年は、じゃあ初めて自分の考えで行動したんだねと言います。

コンビニで見た美穂はまるで、見えない鎖を断ち切ろうとしているように見えたと言う青年。

美穂が家庭環境の事を話すと、父親から強要されることに疑問を持った今日から、初めて美穂自身の人生が始まったのかもしれないねと語りかけます。

青年の言葉にボロボロと涙を流す美穂。

美穂の心と同じように、雨もいつの間にかあがっていました。

友達になって欲しいと連絡先を交換します。

そして、青年は下田幸太と名乗るのでした。

◆突然消えた下田

下田と出会って以来、美穂の毎日は変わりました。

学校でも友達ができ、毎日を楽しく過ごせるようになっていたのです。

その分、父親との関係は悪くなっていましたが、そんなことはどうでもいいと思えるくらい美穂は幸せでした。

しかし、ある日突然、下田から別れのメッセージが届きます。

なんとか連絡を取ろうとしますが、下田からの返信はありません。

通っている中学に行ってみると、急に学校に来なくなったと聞かされます。

その後、ますます父親とは険悪になっていく美穂。

それを支えてくれる下田もいません。

やがて、美穂は救いを夜の街に求めるようになっていくのでした。

◆下田との再会とイジメのきっかけ

高校になって、美穂のクラスに転校生がやって来ます。

それは、2年前に突然姿を消した下田でした。

美穂が下田に話しかけますが、誰かと勘違いしてないか?と全く覚えている様子はありません。

下田にとって自分はそんなものだったんだと悔しがる美穂。

さらに釜池とホテルから出るところを見られて、誰にも言わないと言った下田の笑顔に、さらにバカにされたような気になったのでした。

◆後悔

そして、現在。

美穂の話を聞いた下田は、本当にあの時は記憶がなかったことを伝えます。

信の方を見ると、本当だと頷きます。

真実を知った美穂は、わたしのせいでごめんなさいと下田に謝罪し、後悔で泣き叫ぶのでした。

指輪に毒なんか塗られていないと説明する下田。

美穂はワインに入れられた睡眠薬で眠くなっているだけだったのでした。

しかし、そんなんじゃ生温いと倫太郎が言い出して、美穂の口に持っていた薬を押し込みます。

途端に苦しみ出す美穂。

なんと本物の毒を入れたのです。

◆復讐者登場

急いで救急車を呼ぼうとする信と下田。

しかし、電話をかけようとすると復讐者から着信が入ります。

そして、テレビのモニターが付き、復讐者が顔を見せるのでした。

感動のシーンに水を差すなと、勝手な事をした倫太郎に怒る復讐者。

反抗的な倫太郎に、復讐者はだったら大切なものを取り上げちゃおうかとスマホの画面を見せます。

そこには、ベッドに横たわる俊夫の姿が写っていました。

倫太郎はそれを見て、血相を変えて部屋を飛び出して行ってしまいます。

◆下田の大切なもの

全ては復讐者に筒抜けでした。

美穂を使って、復讐者を誘き寄せる作戦は失敗です。

さっきの倫太郎のように、下田の大切なものに触れたら下田がどんな反応をするのか見てみたいと言う復讐者。

復讐者の着ている服を見ると、胸に下田というネームプレートが。

そう、着ているのは下田のバイト先の制服です。

だったら大切なものっていうのは?

そこへ画面の中、扉が開き、綾瀬が入ってくるのでした。

生徒
生徒
『悪魔だった君たちへ』第21話はここまで!
館長
館長
第21話では、今回の見どころは、美穂の中学時代の回想シーン。実は中学時代に出会っていた下田と美穂。そして、その後の美穂の人格形成に下田が大きく関わっていたことが明らかになります。全ての真実を知った美穂が泣き崩れるシーンは必見です!

\『悪魔だった君たちへ』第21話を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員は3分で完了です!

『悪魔だった君たちへ』第21話感想まとめ

前回と今回で、イジメの元凶と、そのいじめに至った原因がほぼほぼ明らかにされました。

ただの性悪な裏ボスかと思われていた美穂でしたが、そうなるのなるのにはちゃんとした理由があったんですね。

そして、下田は思った以上に、中学生の美穂の心の支えとなっていたようです。

救いの存在がいなくなって、荒れてしまった気持ちもよくわかります。しかも、ようやく再会したのに覚えていなかったことが決定打となってしまったんでしょう。

全ては勘違いから起きた悲しい事件でした。

過去には戻れませんが、2人の関係が元に戻ればいいなと思います。

お 恐らく死ぬ展開はないと思っていますが、次は綾瀬にピンチが迫ってますね。

いよいよ直接対決が近そうです。

\『悪魔だった君たちへ』第21話を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員は3分で完了です!

★★電子書籍サービスの入会特典一覧★★
サービス名 特典
コミック
シーモア
・無料会員登録で70%OFFクーポンプレゼント
・3日連続購入で最大600ポイントプレゼント
・月額メニュー登録で20,000ポイントプレゼント
・オトナ向け、TL、BLマンガの数が豊富
まんが
王国
・購入金額の最大50%ポイント還元
無料で読めるマンガの数が豊富
U-NEXT 31日間無料トライアル実施中
・無料トライアル登録で600ポイントプレゼント
・継続利用で1200ポイントプレゼント
コミック.jp 30日間無料トライアル実施中
・無料トライアル登録で1350ポイントプレゼント
大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】Ameba
マンガ
・無料会員登録で100冊まで40%OFFクーポンプレゼント
・LINE登録で毎週10%OFFクーポンプレゼント
・月額プランは翌月100%還元実施中
error: Content is protected !!