BLコミック

【愛も憎しみも沈黙の中で】56話ネタバレ|酔った様子の鎮北王が、沈玉に縋りますが…?

comicoで掲載中の『愛も憎しみも沈黙の中で(QiangTang TheShubl Website+kkworld+BailiJunxi先生)』の第56話のネタバレと感想をまとめました。

【『愛も憎しみも沈黙の中で』前話あらすじ】

沈玉(ちんぎょく)は現在、母親の居場所に嘘をついていた鎮北王(ちんほくおう)のことを許せずにいました。

そんなことから、沈玉は鎮北王に対して冷たい態度を続けて…?

\『愛も憎しみも沈黙の中で』第56話を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員は3分で完了です!

https://madkid.jp/aimoni-matome/

『愛も憎しみも沈黙の中で』第56話「待ってくれ」ネタバレ

◆酒の力で

場面は、皇宮の廊下で沈玉が酒に酔った様子の鎮北王から縋りつかれるシーンなのですが…沈玉は何度もすまなかったと謝ってくる鎮北王に対して考えを巡らせます。

そもそも、べろべろに酔った様子でこんなにも謝ってくる意味が分からない沈玉。

結局、鎮北王はいつも沈玉のことなんか気にせず、自分の思うがままに行動していることを実感するのです。

そんな鎮北王の態度には、すっかり嫌気が指していた沈玉。

そんな沈玉は、鎮北王をキツく睨み付けることにします。

 

一方で、普段は温厚な沈玉に酔って睨み付けられ、鎮北王は戸惑ってしまいました。

そうして、沈玉を掴んでいた手を放す鎮北王。

すると沈玉は、静かにその場を離れようとするのです。

 

◆鎮北王の演技

そんな中、やっぱりこのまま手放せなかった鎮北王は沈玉を呼びとめると、今度はすり寄るようにして、今日はどうして帰りが遅かったのかと理由を聞くことにします。

母親の墓参りに行ったはずの沈玉ですが、どうもその帰りが遅かったように鎮北王は感じていたのです。

そんなことから、どうしてもその理由だけは聞きたいと考える鎮北王。
ですが、沈玉が話してくれることは何もありませんでした。

ただ、母親の墓参りに行っただけとそう告げられる鎮北王。

そんな鎮北王は、沈玉がこのまま帰って来ないつもりかと思ったと、そんな不安な胸の内を沈玉に明かして…?

 

一方で沈玉ですが、沈玉は鎮北王が凄くお酒に強いことを知っています。

だからこそ今回、沈玉はこうして謝ってくる鎮北王も全て演技だということに気付いていました。

そんなことから余計に鎮北王への不信感を高める沈玉。

すると、そう指摘された鎮北王は何も言えなくなりますが、それでも沈玉の後を付いて部屋へと向かいます。

 

◆過去のこと

沈玉の部屋に来た鎮北王ですが、今度は過去の沈玉との思い出を沈玉へと聞かせます。

沈玉に字を教えたり、鎮北王の本名を知って嬉しそうにしていたり…そんな沈玉と過ごした頃の記憶は、鎮北王にとって大切なものでした。

ですが、それを聞かされる沈玉は困ったような表情です。

あの頃は、鎮北王との時間が嬉しかった沈玉。

しかし、今は鎮北王への気持ちが一切、無くなってしまったのです。

 

鎮北王の狙いが、沈玉の祖先の雲夢たちの宝が眠る場所を聞き出すことだったということを知ってから、鎮北王には不信感を持っている沈玉。

ですが、沈玉の冷たい態度にカチンと来てしまった鎮北王は、沈玉に対して、過去に持っていた愛情はもうないのか?と責めたてて…?

 

◆逆ギレ

鎮北王はもう限界でした。

沈玉の態度が許せない鎮北王。

そんな鎮北王は、自分の行動を棚に上げて、今回、帰りが遅いわけを話さない沈玉のことも、やっぱり気に入りません。

 

そんなことから、沈玉の首を片手で掴んだ鎮北王。

けれど、鎮北王は沈玉の首を閉めることは出来ず、結局、その場で沈玉を付き飛ばすことにしました。

そうして、倒れ込む沈玉に対して鎮北王は、過去の愛情を全て忘れてやると話して…?

 

生徒
生徒
『愛も憎しみも沈黙の中で』第56話はここまで!
図書館館長
図書館館長
第56話では、徹底的に、鎮北王のことを無視する沈玉。特に、鎮北王が沈玉の過去を何度も掘り返してくるので、そのたびに傷つくような表情をする沈玉から目を離せませんでした。

今はもう、鎮北王のことを許せないと感じている沈玉。そんなことから、色々と葛藤している沈玉の姿からは目が離せません!!

『愛も憎しみも沈黙の中で』第56話「待ってくれ」感想まとめ

まさかの、前回のラストで縋りついてきたような鎮北王の態度は、全部お芝居だったようなのです!!

鎮北王のことを詳しく知っている沈玉が、鎮北王は酒に弱くないからなんてすぐに見抜くシーンにもう驚きです!!

そもそも、普段は強気で傲慢な人間が、謝りながら縋りついて来たら、ちょっとくらいドキッってしませんか?

鎮北王の方もそれが狙いだったのだとは思うのですが、そう簡単に引っかからない沈玉。

実は酔ったふりをしていた…なんて鎮北王の狙いに、読んでいてハラハラするシーンでした!!

 

そうして、今回のお話のラストでは、鎮北王の逆ギレシーンとなります!!

沈玉が自分に全く関心を持ってくれなくなったことに不満を持っている鎮北王。

そんな鎮北王が沈玉を付き飛ばしてしまう展開にも、もう胸が痛すぎます。

次回はそんな続きから。

逆ギレをした鎮北王がどんな態度に出るのか?

お話は次回も見逃せません!!

\『愛も憎しみも沈黙の中で』第56話を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員は3分で完了です!

★★電子書籍サービスの入会特典一覧★★
サービス名 特典
コミック
シーモア
・無料会員登録で70%OFFクーポンプレゼント
・3日連続購入で最大600ポイントプレゼント
・月額メニュー登録で20,000ポイントプレゼント
・オトナ向け、TL、BLマンガの数が豊富
まんが
王国
・購入金額の最大50%ポイント還元
無料で読めるマンガの数が豊富
U-NEXT 31日間無料トライアル実施中
・無料トライアル登録で600ポイントプレゼント
・継続利用で1200ポイントプレゼント
コミック.jp 30日間無料トライアル実施中
・無料トライアル登録で1350ポイントプレゼント
大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】Ameba
マンガ
・無料会員登録で100冊まで40%OFFクーポンプレゼント
・LINE登録で毎週10%OFFクーポンプレゼント
・月額プランは翌月100%還元実施中
error: Content is protected !!