BLコミック

【愛も憎しみも沈黙の中で】53話ネタバレ|沈玉は、鎮北王を許すことが出来ずに…?

comicoで掲載中の『愛も憎しみも沈黙の中で(QiangTang TheShubl Website+kkworld+BailiJunxi先生)』の第53話のネタバレと感想をまとめました。

【『愛も憎しみも沈黙の中で』前話あらすじ】
沈玉(ちんぎょく)は母親を攫ったのは鎮北王(ちんほくおう)だと勘違いし、それを知っていた鎮北王の方も否定はせずに居ました。

そんな中、母親が亡くなっている場面を見つけた沈玉は、鎮北王が悪いのだと責めて…?

\『愛も憎しみも沈黙の中で』第53話を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員は3分で完了です!

https://madkid.jp/aimoni-matome/

『愛も憎しみも沈黙の中で』第53話「大嫌い」ネタバレ

◆沈玉の夢

亡くなった母親を運び出そうとしていた時に倒れてしまった沈玉ですが、そんな沈玉は夢を見ていました。

以前、地下牢で捕らわれていた鎮北王のように、両手を鎖で縛られ、天井からつりさげられている沈玉。

そんな沈玉は、体の至る所が物凄く痛いことを不思議に思います。

 

一体どうしてこんなことになっているのか?

そんな風に訳が分からずにいる沈玉。

ですが、そんな沈玉には優しく声をが掛けられました。

沈玉に対して、慰めてくれるような母親の声。

そうして、刺されたように血にまみれている母親は、そのまま沈玉から離れて行ってしまい…?

 

◆安心できない

沈玉が目を覚ますと、そこでは魘されている沈玉のことを心配そうにして、鎮北王がのぞき込んでいました。

そんな風にして、鎮北王に心配される沈玉、

しかし、沈玉は今までのことを全て思い出し、やっぱり母親の居場所を嘘を吐いた鎮北王のことを許せはしないのです。

 

そんな中、沈玉は鎮北王の手を、強引に払いました。

鎮北王のことを未だに憎んでいる沈玉。

そんな沈玉は鎮北王から目を逸らすと、手話で母親のことを尋ねて…?

 

◆許せない

沈玉のそんな態度に少しだけむっとした鎮北王ですが、そこでは、母親はきちんと陵墓の側に弔ったことを沈玉に告げます。

そうしてやっぱり、起き上がった沈玉に手を伸ばそうとすると避けられる鎮北王。

そんなことから、鎮北王は母親をこうして丁寧に弔ったのも、自分が沈玉のことを気にかけているからだと苛立ったように告げました。

 

沈玉の態度が気に入らない鎮北王。

しかし、沈玉の生意気な態度は続きます。

沈玉にとっては母親を弔ったから許せと、そんな風に鎮北王が告げてきているようにしか思えなかったのです。

 

◆宝のために

それから沈玉は、鎮北王がそもそも母親の居場所を隠していたのも、母親の故郷である雲夢の王家の墓に眠る宝が目的だったのだろうとそう告げます。

というのも、以前燁帝と鎮北王がそんな話をしているのを、沈玉は聞いてしまってたからです。

宝の眠る君山陵を聞き出すために連れ去られ、そうして監獄に閉じ込められていた母親。

そんなことを思うと、沈玉は酷く傷ついていました。

 

一方で、鎮北王の方も、沈玉に責められてばかりで気に喰いません。

宝のために沈玉を利用し近づいて、母親のことも攫っていたのだと、そう思われることが不本意だったからです。

鎮北王にとって沈玉は特別な存在でした。

沈玉が宝の居場所を知っていたとしても、そんな目的のために沈玉のことを愛したのではないとそう素直に告げる鎮北王。

そこで鎮北王は、沈玉に対してあんなことをして済まなかったと、謝罪の気持ちw素直に告げることにしました。

しかし、そんな言葉も沈玉には届かず、冷たく流されてしまって…?

◆愛しているのか?

その後、鎮北王はそう冷たく告げる沈玉に関して、本当に一切に愛情も残っていないのかと沈玉に問います。

以前、自分たちは愛し合っていて…そんなことから、沈玉の気持ちがもう少し残っていてもおかしくないと考えた鎮北王。

しかし、そこで沈玉は図星のようにピクリと反応するものの、少し考えるようにした後、沈玉のことを大嫌いだと、そんな気持ちを手話で告げてきて…?

 

生徒
生徒
『愛も憎しみも沈黙の中で』第53話はここまで!
図書館館長
図書館館長
第53話では、プライドの高い鎮北王が謝るシーンにドキドキです!!

今までのお話の中でも殆ど謝る姿が見られなかった鎮北王。そんな鎮北王が、沈玉に対して謝罪をするシーンはもう、読んでいて目が離せない展開でした!!傲慢だった鎮北王が少しずつ変わっているのが分かるシーンかなと思います!!

『愛も憎しみも沈黙の中で』第53話「大嫌い」感想まとめ

今回は、鎮北王と沈玉のぎくしゃくしたやり取りを見ることが出来るのですが…とにかく、今は鎮北王のことを信じられない沈玉。

なにより、鎮北王が【母親が燁帝に捕らえられていると知っていて、嘘を吐いていた】ことが理解できなかったんですよね。

きっと、鎮北王だって、沈玉の故郷である君山陵を狙っているんだろうと話す沈玉。

このすれ違っている感じが、読んでいて本当に切ないシーンでした!!

 

ただ、今回気になるのは、沈玉は、鎮北王からまだ愛しているんだろう?と告げられて、言葉に困ってしまうシーンです。

これだけ色々傷つけられながらも、沈玉が鎮北王のことを完全には嫌いになれないのが分かるシーンですよね!!

…でも、今後2人が両想いになるって…相当先の話のように思います!

今は沈玉は鎮北王のことを信じられなくなっており、憎んでいる状態です。

今後お話はどんな展開になっていくのか?

次回のお話も見逃せません!!

 

\『愛も憎しみも沈黙の中で』第53話を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員は3分で完了です!

★★電子書籍サービスの入会特典一覧★★
サービス名 特典
コミック
シーモア
・無料会員登録で70%OFFクーポンプレゼント
・3日連続購入で最大600ポイントプレゼント
・月額メニュー登録で20,000ポイントプレゼント
・オトナ向け、TL、BLマンガの数が豊富
まんが
王国
・購入金額の最大50%ポイント還元
無料で読めるマンガの数が豊富
U-NEXT 31日間無料トライアル実施中
・無料トライアル登録で600ポイントプレゼント
・継続利用で1200ポイントプレゼント
コミック.jp 30日間無料トライアル実施中
・無料トライアル登録で1350ポイントプレゼント
大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】Ameba
マンガ
・無料会員登録で100冊まで40%OFFクーポンプレゼント
・LINE登録で毎週10%OFFクーポンプレゼント
・月額プランは翌月100%還元実施中
error: Content is protected !!