BLコミック

【愛も憎しみも沈黙の中で】13話ネタバレ|沈玉が側室になることを認められない玳柔は…?

comicoで掲載中の『愛も憎しみも沈黙の中で(QiangTang TheShubl Website+kkworld+BailiJunxi先生)』の第13話のネタバレと感想をまとめました。

【『愛も憎しみも沈黙の中で』前話あらすじ】

鎮北王(ちんほくおう)によって愛されている沈玉(ちんぎょく)ですが、その日、母親に教えてもらった故郷のおまじないについて考えていました。

一方で、沈玉を側室に迎えたいと考える鎮北王ですが、少しだけ悩みがあって…?

\『愛も憎しみも沈黙の中で』第13話を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員は3分で完了です!

『愛も憎しみも沈黙の中で』第13話「独り占めできない」ネタバレ

◆ずっと言えないでいること

沈玉はその日、鎮北王にな何か騙していることはないかと聞かれ、困ってしまいます。

そもそも、沈玉が鎮北王のもとに来たのは、陳家の娘の身代わりとして来たわけで…自分の正体が男であることを知られないようにと最善を尽くしていた沈玉。

しかし、口にはしないものの、鎮北王はそんな秘密を既に知っている様子なのです。

 

一方で、自分の正体についてなかなか明かせないでいた沈玉ですが、そんな様子に鎮北王はどこか悩んでいる様子でした。

まるで取り憑かれているみたいだと話す鎮北王。

実は鎮北王は、自分がこんなにも夢中になるなんて、本気で沈玉が妖精かなにかかもしれないと考えていたのです。

しかし、そんな風に言葉を告げられて意味が分からず動きを止めてしまった沈玉。

すると鎮北王の方は、少しため息を吐いた後、沈玉のことを抱きしめました。

◆抱き寄せられて…

沈玉ですが、そんな風に鎮北王に抱きしめられると嬉しくなって彼に身体を寄せます。

そうして、少しの間抱き合っていた2人。

けれど、そこに鎮北王の側近である宋青(そうせい)が現れ、沈玉は恥ずかしくなってすぐに鎮北王からは離れました。

 

それから、そこにやってきた宋青は鎮北王に、正妻である玳柔が鎮北を側室にするという話を聞いて、酷く取り乱していると報告しました。

それでなくとも、侍女が処罰された時から体調を崩して寝込んでいる玳柔。

なのに、鎮北王が一切お見舞いにも来てくれず、沈玉ばかりを可愛がっていることが不満だったのです。

そんなことから、お見舞いに来てくれなければ死んでやると騒いでいるという玳柔に、鎮北王は少しため息を着いた後、彼女の元へ向かうことにします。

◆独り占めできない

場面はそんな鎮北王を、沈玉が見送ったシーンです。

すぐ帰ってくるという彼の背中を見ながらぼんやりと考えていた沈玉。

こんなにも、沈玉が鎮北王のことを好きでも、彼は結局自分だけのものではないのです。

そんなことから、鎮北王を独り占めできないことに、少し傷ついている沈玉。

 

一方で、場面は騒いでいる玳柔に変わります。

玳柔は、その日、酷い言葉で沈玉のことを罵りながら、そこら中にあるものを投げつけていました。

鎮北王がお見舞いに来てくれないことを、侍女に当たって怒鳴り散らす玳柔。

ですが、そんな玳柔の元へは、騒ぎを聞きつけた鎮北王が億劫そうにやってくるのです。

◆嫉妬に狂った顔

玳柔は、鎮北王がやってくることに気付くと、すぐに怒りを鎮めます。

そうして、鎮北王をもてなしながら、こうしてお見舞いに来てくれなかったのはきっと沈玉のせいなんだと、鎮北王には語りかける玳柔。

しかし、鎮北王は特に表情を変えることなく、そんな玳柔の話を聞いていました。

 

その後も、自分の侍従の茈羅(しら)が罰を受けて死んだ日から怖い夢を見て寝付けなかったり、身体がやつれてしまったなんてことを告げて、鎮北王には身体を近づける玳柔。

けれど、そこでは玳柔が沈玉を酷く貶めていることに腹を立てた鎮北王が、あっさりと玳柔のことを振るのです。

そうして、王妃としての仕事だけをこなせば良いと、今後行われる沈玉の側室の称号授与式に参加することを命令した鎮北王。

そこでは、玳柔の嫉妬にまみれた顔をこちらに見せるなと告げて、玳柔を冷たくあしらったのです。

◆大人しく優しい妻

一方で、場面は王宮に移ります。

そこでは、陛下と呼ばれる金髪の男性が、沈玉と呟きながら手紙を書いていました。

そうして、7日後に鎮北王へと贈り物があると部下の男に話した彼。

その後、彼は部下に対して、自分が向かうまでは【大人しく優しい妻でいるように】と、玳柔に伝えるように命令して…?

生徒
生徒
『愛も憎しみも沈黙の中で』第13話はここまで!
図書館館長
図書館館長
第13話では、新キャラの皇帝の姿がちらっと見えていました。鎮北王よりもイケメンで、すごく神々しくも思える皇帝。

もう、今後の登場が楽しみですし、皇帝が何か企んでいそうに見えるのも、今後トラブルが起こりそうだなぁと気になるところです!!

『愛も憎しみも沈黙の中で』第13話「独り占めできない」感想まとめ

今回は、お話の中で鎮北王が玳柔のことをあっさり振ってしまうシーンがあるのですが、一切、玳柔のことを気にせずに沈玉のことばかりを考えている鎮北王。

そんな鎮北王の姿を居て、玳柔がまた嫉妬を貯めている感じなのも、凄く見どころになってくるシーンかなと思います。

 

玳柔は、侍女の茈羅の件で、一回痛い目を見ましたが、未だに凄く懲りている様子はないんですよね。

元々、今の皇帝の妹って部分のプライドと、鎮北王の唯一の正妻って部分のプライドで、卑しい身分でやってきた沈玉のことを許せない玳柔。

今回、鎮北王に冷たくされたこともありますし、より一層、沈玉を貶めるようなヤバいことをしそうだなぁとも思えたシーンでした!!

 

一方で、そんな玳柔の兄である皇帝が今後も登場しそうな感じなのですが、儚いイケメンといった感じの皇帝。

鎮北王の雄々しいタイプのイケメンも良いですが、皇帝のこの優しそうに見えて腹黒そうな感じも、もうめちゃくちゃ好みです!!

今回はちらっとしか登場シーンがなかったものの、今後のお話がすごく楽しみになりました!!

次回のお話も待ちきれません!!

\『愛も憎しみも沈黙の中で』第13話を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員は3分で完了です!

★★電子書籍サービスの入会特典一覧★★
サービス名 特典
コミック
シーモア
・無料会員登録で70%OFFクーポンプレゼント
・3日連続購入で最大600ポイントプレゼント
・月額メニュー登録で20,000ポイントプレゼント
・オトナ向け、TL、BLマンガの数が豊富
まんが
王国
・購入金額の最大50%ポイント還元
無料で読めるマンガの数が豊富
U-NEXT 31日間無料トライアル実施中
・無料トライアル登録で600ポイントプレゼント
・継続利用で1200ポイントプレゼント
コミック.jp 30日間無料トライアル実施中
・無料トライアル登録で1350ポイントプレゼント
大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】Ameba
マンガ
・無料会員登録で100冊まで40%OFFクーポンプレゼント
・LINE登録で毎週10%OFFクーポンプレゼント
・月額プランは翌月100%還元実施中
error: Content is protected !!