◆総裁(リーダー)・YOU-TAからの挨拶

 

CD不況、皆さんはこの言葉をご存知でしょうか。
 
日本においては、CD販売枚数は1998年をピークとし、それ以降は減少の一途を辿っています。
CDが売れない背景には、インターネットや携帯電話の普及によって人々の消費様式が多様化し、
人々が音楽のために使う消費の割合が下がった事や定額制ストリーミングサービスの台頭などが挙げられています。
 
そしてそれと同時に音楽業界全体の売り上げも下がっていると言われています。
 
でも正直そんなのは関係ありません。なぜなら、良い音楽は絶対に死なないからです。
 
皆さんの記憶の中にも忘れられない曲や、いざという時に聴く曲は必ずあると思います。
 
いつの時代も音楽は必ず1人1人の人生に寄り添ってくれています。
 
MADKIDのリーダーとして、そして1人の人間として。
俺たち5人の意思が一つになって初めて、MADKIDのLIVEが完成します。
LIVEは一喜一憂 一期一会、その瞬間瞬間を切り取るものです。
昨日のLIVEに来た人が今日またLIVEに来てくれる保証なんて何処にもなくて。
その一瞬一瞬は最初で最後。だからこそ今見えてるものが全てなんです。
 
MADKIDを知らない人は、世界中にまだまだ沢山います。
俺たちはこれからも本気でステージに向かっていきます。
容易い気持ちで”よかったら見に来て下さい”とかいうつもりはありません。
でも、見に来てくれたときは必ず”何か”を感じ取ってもらえる自信があります。
その”何か”は皆さんご自身の肌で感じに来て下さい。
 
日本の音楽業界、変えていきます。
 
全身全霊を捧げて、MADKIDを応援してくれるアクセルの皆と共に、俺たちは進み続けます。
 
合言葉は『PLAY WITH ME』